ハチアルキ

山登りが好きな女の山登りのブログ。九州の山を中心に歩いています。

山登りと山にまつわる日々

一尺八寸山を歩く

 

 

2021.04.10(sat)

大分県日田市・中津市

 

 

〜一尺八寸山を歩く〜

(難読山全国一位「みおうやま」)

 

 

 

ずーーーーーっと

名前が気になっていた山へ行ってみた

 

それが

"一尺八寸山"である

 

読み方は

「みおうやま」

なのだけども

「いっしゃくはっすんざん」

だと思っていた

 

変わった名前だな〜

と呑気に思っていたが全く違う

 

いざ行こうとしたら

「難読山全国一位」

というスペシャルな称号を持つ

スペシャルな山だった事を知る

 

 

読みの由来は

諸説あるようでハッキリしていない様子

 

 

この山の動物(きつね・蛇・猪とか諸説有)

三匹を殿様が矢で射た

その尾の長さが一尺八寸だった、

という謂れがあるようだ

 

そこから

「三つの尾=みお」

の読みに長さの漢字をあてて

「一尺八寸山=みおうやま」

としたらしい・・・

凄い当て方である

 

 

 

登山口は「大石峠」にある

 

福岡県側からだと・・・

日田市に入り、

212号線を耶馬渓側に走り

奥耶馬トンネルを出た所にある

右手前に曲がる道を目指す

 

一応、その曲がり口には

「一尺八寸山 登山口まで1.7km」

と案内板を立ててくださっているが

日田市側から走ってくると見えない

 

曲がろうとして初めて見えるので

注意されたし

 

 

登山口を30m程通り過ぎると

駐車スペースがあり

3・4台は停められる

 

 

 

9:34

登山口スタート!

 

 

f:id:hachiaruki:20210410143816j:image

 

 

椎茸の原木横を入ってゆく

 


f:id:hachiaruki:20210410143712j:image

 

 

少々風が冷たいが

お天気がよくて気持ちいい

 


f:id:hachiaruki:20210410143709j:image

 

 

ワラビが光に向かってニョッキリ

 


f:id:hachiaruki:20210410143806j:image

 

 

細い蜘蛛の巣トラップを発見したため

今年初のマジカルぷいぷい棒を調達!

 

いざーーー!

 


f:id:hachiaruki:20210410143728j:image

 

 

登山道は終始歩き易い

 

しかも

新緑が美しい

 


f:id:hachiaruki:20210410143732j:image

 

 

倒木を発見!

 

・・・・・・

 

ん?

 


f:id:hachiaruki:20210410143705j:image

 

 

キノコ生えてるーーーー

 


f:id:hachiaruki:20210410143743j:image

 

 

10:09

一旦作業道に出る

 

 

10:12

すぐに登山道復帰

 


f:id:hachiaruki:20210410143752j:image

 

 

10:21

一尺八寸山 山頂

標高 706.7m

 

 

標識多いな〜

 


f:id:hachiaruki:20210410143803j:image

 

 

標識の横の鐘は

杜の精に願い事をするための鐘である

3回鳴らしてお願いするらしい

 

今回は

ワタシ自身の事ではない事をお願いした

きっと杜の精は聞き届けてくれたはずである

 


f:id:hachiaruki:20210410143721j:image

 

 

石の山頂標識の裏に

山名の由来が刻まれていた

 

こちらは"猪"説推しのようだ

 


f:id:hachiaruki:20210410143716j:image

 

 

山頂は眺望がある訳ではないが

穏やかな雰囲気の良い山頂だった

5分程滞在して下山開始

 

 

ありがとうございました!

 


f:id:hachiaruki:20210410143748j:image

 

 

清々しいね〜

 


f:id:hachiaruki:20210410143812j:image

 

 

黄緑色、キレイだな〜

 


f:id:hachiaruki:20210410143800j:image

 

 

そして

行きがけも「おや?」と思ったが

石積みの跡がある

 

小川や沢沿いに焼き釜跡は散見されるが

水の無い所に

焼き釜っぽい跡があるなんて・・・

 

石積みの下側に

小さな入口のような穴があるので

焼き釜だと思ったが

別の石積みかしら???

 


f:id:hachiaruki:20210410143659j:image

 

 

11:05

下山完了!

 

かなりノンビリ歩いたが

それでも2時間経っていない

ササっと歩けて

穏やか〜な気持ちになれる

良い里山だった!

 

あと1ヶ所、

山名が気になっている山がある

そちらも早めに行こう。

ダントツNo.1で気になっているのだ

早い方が良い、うむ。

 

 

 

 

さて

いつもの事ながら

帰路には就くが

寄り道もする

 

一旦、山国町側に向かい

"猿飛千壷峡"へ寄り道

 

秋しか行った事がないが

今時期はどうなのだろう・・・

 

 

駐車場に入ると3台程の車があるが

茶屋は開いていない

 

 

でも

青空に映えて気持ちいー

 


f:id:hachiaruki:20210410143724j:image

 


f:id:hachiaruki:20210410143756j:image

 

 

桜がまだ咲いている

カンザンかな?

 

 

よし!

この桜の下で休憩だ!

 


f:id:hachiaruki:20210410143809j:image

 

 

おにぎりとパンとコーヒーでひと休み

 


f:id:hachiaruki:20210410143735j:image

 

 

ベンチからの眺めも良い雰囲気

 

 

いや〜

ナイス休憩

 


f:id:hachiaruki:20210410143820j:image

 

 

食べ終えて駐車場に戻る

 

横の畑に咲く蓮華も美しい

大好きな小花だ

 


f:id:hachiaruki:20210410143739j:image

 

 

 

小さな里山歩きと

ノンビリ猿飛散策だった

 

お天気もよくて散策に丁度よし。

 

 

次はどの山にしましょうかね

 

 

 

鷹取山を歩く

 

 

2021.04.03(sat)

福岡県直方市・田川郡

 

 

鷹取山を歩く〜

 

 

 

空模様が悪くなる予報の週末

 

お天気の良さそうな午前中を狙い

福智山のお隣山、

鷹取山へお邪魔した

 

 

午後からの予定に備え

午前中の内に下山までしたい!

 

そんな訳で早起きして

せっせと車を走らせ

白糸の滝駐車場を目指したのだが

7時45分前だというのに

車が入ってきている

 

この感じだと

上野越ルートを歩くのは人が多そうだ

どちらも白雲ラインにしよう!

 

 

8:02

上野登山口 出発!

 

 

登山口を左に戻るように山へ入る

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193231j:plain

 

 

10分もせず展望台に到着

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193237j:plain

 

 

展望台の朽ちかけた階段を

少々ビビリながら登る

 

景色は

午後から曇るとは思えない程

スッキリとして美しい

 

 

英彦山・馬見山方面をパチリ

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193249j:plain

 

 

飯塚市方面をパチリ

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193254j:plain

 

 

階段を下りると

"弘法岩"と"福智山"の分岐案内

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193242j:plain

 

 

ほんの何十秒かの距離なので

一応、"弘法岩"にも寄り

手を合わせておく

 

地元では

弘法大師の雨宿り岩」

と言われており

岩に弘法大師の姿が現れた・・・

との言い伝えもあるそうな

 

 

手を合わせたら先へ進む

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193301j:plain

 

 

歩いていると

ふとピンクが目にとまる

 

葉っぱの数まで見えないけれど

ズーーームして・・・

 

ミツバツツジかな?

 

ほほ〜ぅ

そんな季節になったのか〜

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193306j:plain

 

 

はい、林道に出ました

右へルートをとります

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193312j:plain

 

 

ゲート手前まで来たら

登山道復帰の為

左へ

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193318j:plain

 

 

陽光です!

 

ヨーコー!

 

 

何だか赤玉も写っていた

何だかよく分からないけれど

良い事あるのかしら?

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193323j:plain

 

 

スミレちゃんが可憐に咲いている

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193337j:plain

 

 

椿ちゃんは首が落ちているけれど

登山道に色を添えくれており

至る所が赤い水玉模様になっていた

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193343j:plain

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193350j:plain

 

 

ピンボケだけども

朝なのでリンドウも開いている

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193355j:plain

 

 

上野越ルートに合流した後

いつもの道を上がってゆく

 

 

上野越分岐を左へ

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193407j:plain

 

 

9:14

鷹取山 山頂

標高 620m

 

 

貸し切りである

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193416j:plain

 

 

福智山を見やると

斜面にはまだ桜の薄いピンクが。

 

もしかすると

すでに咲いている

ミツバツツジも混在しているやもしれないが

緑だけではない山の姿を見るのは

オツなもんである

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193424j:plain

 

 

水仙が見頃でございます

 

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193429j:plain

 

 

キレイだなー

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193437j:plain

 

 

メルヘーーーン♪

 

とても城跡とは思えなーーーい♪

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193443j:plain

 

 

オヤツを食し

コーヒーを飲んでまったり。

 

そうしていると

2組さんやってきたので下山開始

 

 

下山は直登コースを下る

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193458j:plain

 

 

ギャーーーー!!

 

 

これまで

何度も破られてきたのだろうか・・・

 

樹の中からキノコが・・・

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193504j:plain

 

 

清々しいな〜

 

気持ちいいな〜

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193511j:plain

 

 

はいっ!

 

本戦合流っ!

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193518j:plain

 

 

はいっ!

 

林道出合いっ!

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193523j:plain

 

 

はいっ!

 

登山道復帰っ!

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193528j:plain

 

 

あっと言う間に

登山道に復帰し

テクテク下ってゆく

 

途中、

"カブト岩"と"コロモ岩"を眺める

 

山頂では強く感じた風も

下りてくれば心地よい風だ

 

 

ちなみに・・・

左がカブト岩

右がコロモ岩

 

 

f:id:hachiaruki:20210404193534j:plain

 

 

10:28

何事もなく 平和に下山

 

 

駐車場に戻ると

停めきれない程の車

 

人気者だな、福智山

 

 

 

さーて。

 

次はどの山にしましょうかね

 

 

 

 

くじゅう連山を歩く[星空ハイク&朝駆け]−2021.03.27(sat)−

 

 

2021.03.27(sat)

大分県玖珠郡竹田市

 

〜くじゅう連山を歩く〜

[ 星空ハイク&朝駆け ]

 

 

 

「よーし 今週はどの山だ?」

と自問自答した木曜の夜

 

お天気を調べつつ・・・

自分の心に問いつつ・・・

 

 

久住に決定!

 

 

日中は人が多いからなぁ〜

 

・・・・・・

 

静かに星空でも眺めながら歩こう!

と、星空ハイクをすることに。

 

 

金曜、

仕事を終え

夕食を摂り

お風呂に入り

ぼーっとし・・・

 

出発!

 

 

 

牧ノ戸峠駐車場には10台程の車

皆さんお休みの様子

ワタシも寝支度し

しばしの仮眠

 

 

3:00 起床

 

車の数がかなり増えている

皆さん朝駆けかしらね

 

寝床を片付け

おにぎりを野菜ジュースをモグる

いつもながらダラダラ支度し

行きましょー

 

 

 

3:48

牧ノ戸峠 出発

 

 

f:id:hachiaruki:20210328100650j:plain

 

 

月が煌々と照り

星達が肩身が狭そうなほど

 

なんちゃってコンデジでは

ちゃんと写らなかった

夜歩き、日の出も撮る、

と分かっていながら

なぜGRD3を持ってこなかったのか…

 

失敗である

 

 

f:id:hachiaruki:20210328100654j:plain

 

 

歩いている途中

何度もヘッデンを消し

星空を見上げる

 

月明かりで薄い黒だった空も

月が沈んでいく内に濃い紺色に変わり

星がキラキラし始める

 

 

いいぞー!

 

キレイだぞー!

 

 

 

そして

 

星生分かれに近付いてきた

今日は大好きな星生山で

連山の朝を見守るつもりだったのだが

斜面に小さな灯りがいくつも見える

 

うむ、多そうだ

 

しかも、時計を観るとまだ5時前

 

のんびり歩いたつもりだったのにな〜

日の出まで1時間以上も待つな〜

待つの寒いな〜

 

と、言うわけで

中岳は避け

天狗に向かう

 

 

 

5:38

天狗ヶ城 山頂

標高 1780m

 

 

着いたらどなたもおらず

ひとまず貸し切り

 

風のあたらない場所にザックを置いて

ホット玄米茶を飲む

 

ふぅ〜

 

 

日の出前の、この静けさが好きだ

 

 

f:id:hachiaruki:20210328100709j:plain

 

 

久住山側はまだまだ暗い

 

 

f:id:hachiaruki:20210328100713j:plain

 

 

刻々と変わる空

 

 

6時になると

他のハイカーさん達がやってきた

 

 

f:id:hachiaruki:20210328101259j:image

 

 

6:07

 

来た

 

 

f:id:hachiaruki:20210328101325j:image

 

 

f:id:hachiaruki:20210328100724j:plain

 

 

f:id:hachiaruki:20210328100729j:plain

 

 

くじゅう連山の皆さん

 

「 おはようございまーす 」

 

あ〜キレイだった

 

 

 

6:15

気が済んだので 下山開始!!

 

 

f:id:hachiaruki:20210328101344j:image

 

 

天狗の斜面から中岳を見やる

 

ピカーーン!

 

 

f:id:hachiaruki:20210328100742j:plain

 

 

ちょっと位置をズレて

もう1枚

 

緑玉が映り込むが

それでも ピカーーン!

 

 

f:id:hachiaruki:20210328101403j:image

 

 

新しくなった久住分かれ下の避難小屋

 

中はもちろんキレイだし

ドアの内側から外を観るのも・・・

 

オツである

 

 

f:id:hachiaruki:20210328100747j:plain

 

 

清々しいな〜

 

気持ちいいな〜

 

プラプラ♪ テクテク♪

 

 

f:id:hachiaruki:20210328100807j:plain

 

 

扇ヶ鼻あたりまで下りてくると

登ってくる人達が増えてきた

 

午前中は天気も良いはずだから

ハイキング日和だろう

 

 

ワタシの好きな

イワカガミの葉っぱが大きく見えている

開花まではあと1ヶ月程待たねば

 

 

アセビの花は開きかけているけれど

鈴なりでございます

 

 

f:id:hachiaruki:20210328100812j:plain

 

 

8:03

下山完了!

 

 

筋湯温泉でひとっ風呂と思ったら

着替えを忘れてきている

無念・・・

 

 

よし!

"パンのしらいし"さんでパンGETして

桜を眺めて帰ろう!

 

 

そんな訳で

いつもよりかなり早い時間に

"しらいし"さんに乗り込む

 

総菜パン2個と

もちもちの食パン、

カンパーニュをそれぞれ1個ずつ購入し

移動

 

 

お昼ご飯にはまだまだ早い時間に

某公園に到着

 

 

よかった〜 桜観れて!

 

 

ベンチに腰掛け

パンをモグモグ

 

美味である

 

桜も美味である

 

 

f:id:hachiaruki:20210328100817j:plain

 

 

普段、

ピンク色のものを身につけたり

好んでピンク色の物を購入もしない

 

でも

桜の"桜色"は・・・

そんなワタシにとっても・・・

 

オツなのである!

 

 

f:id:hachiaruki:20210328100822j:plain

 

 

ウキウキもするし

ワクワクもするし

悲哀も感じるし

本当に不思議な樹だな〜

 

 

f:id:hachiaruki:20210328100828j:plain

 

 

白ポポも居た!

 

他にも春の小花達がたくさん!

 

 

f:id:hachiaruki:20210328100836j:plain

 

 

ふぅ〜

今回も楽しんだ

 

このホンワカを胸に、

1週間乗り切ろーーーぅ!!

 

 

次はどの山にしましょうかね

 

 

 

 

大山を歩く・鳥取砂丘も歩く

 

 

2021.03.13(sat)〜14(sun)

鳥取県西伯郡伯耆町+鳥取市福部町

 

 

〜大山を歩く・鳥取砂丘も歩く〜

 

 

決戦は金曜日、である

 

 

仕事を終え、

夕飯をすませ、

ひとっ風呂浴び、

荷物をのせる

 

ここ2ヶ月ほど

何の活動もしていなかったが

冬山チャンスを逃してはいけない

 

諸々考え

行けるのはここかな・・・?

と言うことで大山へ出発!!

 

 

高速道路をひた走る

音楽を聴きながら

音楽を歌いながら

ひた走る

 

 

日付が変わって

深夜2時過ぎ

 

松江尾道道に入り

高野ICを降り"道の駅たかの"さんへ

車中泊は少なく

とても静か

 

朝になると

朝市があるのか

すぐに駐車場が埋まり始める

 

ワタシも身支度をし

朝食になりそうなものを購入

車中でモグモグ

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191304j:plain

 

 

もともと土曜は雨予報だったので

大山アタックは日曜の予定にしている

 

だから今日はフリー

行ってみたかった所へ向かうのだ!

 

 

それは

鳥取砂丘"と"白兎神社"

 

 

朝食を終え

いざ出発

 

 

久しぶりの宍道湖を通り過ぎ

米子から山陰道を東に向かう

 

この山陰道なる道、

琴浦東ICから大栄東伯ICに向かう際

海に向かって

ズーンと進んで行くようになっており

ワクワクなのである

 

しかも無料区間が長い

すごいな、山陰道

 

 

さて

"道の駅大栄"さんで小休憩

 

すると・・・

 

アニメ「名探偵コナン」の作者、

青山さんの故郷であるらしく

道の駅の隣にふるさと館がございました

 

 

ちょっと付近をうろついてみる

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191310j:plain

 

 

あがさ博士 登場

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191317j:plain

 

 

コナンとキッド

 

 

詳しくはないけれど

知っているキャラクターなので

1人で「おぉーーー」と感嘆

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191324j:plain

 

 

休憩したら更に進んで

お昼過ぎ

 

やっと砂丘に到着!

 

 

昼食を軽く済ませ

脳内DJを叩き起こす

 

Hey!DJ!

仕事だYO!!

 

すぐさま「異邦人」が流れ始める!

DJ、ナイスチョイス!

 

 

ビジターセンター横の階段を登ると・・・

 

 

出たーーーーーーー

 

広ーーーーーーーい

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191329j:plain

 

 

でも 風強ーーーーーい

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191335j:plain

 

 

写真には写っていないが

砂の上を砂が流れるように舞っていた

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191340j:plain

 

 

本当に全部砂なんだな〜

もっと土的な箇所もあるのかと思っていた

全部、砂

 

そして、ラクダちゃん達は

寒いからか

雨だからからか

爆風だからか

はたまたその全ての要素のせいなのか

居なかった

 

 

そして、そして

うっかりしていたけれど

全部砂なので

靴や靴下の中が砂だらけである

 

 

いや〜 堪能堪能

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191344j:plain

 

 

砂丘、来てみてよかった

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191350j:plain

 

 

ビジターセンターのお向かいにある

"砂丘会館"さんでお土産を入手

自分用に手ぬぐいと"砂丘珈琲ソフト"を。

 

鳥取県はコーヒー消費量全国2位だそう

 

砂で焙煎したコーヒーが売りらしく

ソフトクリームも美味だった

 

レギュラーコーヒーも売っていたので

自宅で飲もうと、こちらも入手

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191355j:plain

 

 

では、次の目的地へ

 

海沿いを西に戻るようにして走り

白兎海岸を目指す

因幡の白兎伝説発祥の地である

 

 

白兎神社の案内板と

ワタシの知っている神話を合体すると・・・

 

 

大国主命

八上姫を娶ろう(アグレッシブ!)

と、旅をしていたところ、

隠岐島から因幡に向かうため

和爾をならべて渡ろう(無茶しよる!)

としていた白兎が

和爾に毛皮を剥がされ(バイオレンス!)

泣いていた

 

経緯を聞いた大国主命が白兎を助けたら

白兎はとっても喜び

「八上姫と結ばれるだろう」と予言し

仲を取りもった・・・

 

と、されているのだそう。

 

それが白兎海岸だ

 

こちらも道の駅が真横にあり

駐車場に車を置き

参拝できるようになっている

 

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191411j:plain

 

 

ウサギさんがいっぱい

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191417j:plain

 

 

参道に

砂のオブジェも展示されている

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191423j:plain

 

 

ウサギさんのお尻が丸くてカワイイ

置かれている小さな白い石には

"縁"

と書かれており

「結び石」

として社務所にあるようだ

 

 

縁結びの神社なのだな

 

 

「ウサギ」キーワードだけで

参拝してみたい!

と思った自分が浅はかだった

 

きっと、

こんな風では何のご縁もないのだ

 

まぁ 仕方なし

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191428j:plain

 

 

至る所にウサギさんの姿

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191434j:plain

 

 

本殿は渋めの大社作りで

明治時代に建立されたもの

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191440j:plain

 

 

参道を振り返ると海岸が見える

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191446j:plain

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191451j:plain

 

 

海岸側から道の駅を眺める

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191458j:plain

 

 

道の駅で情報を、と寄ってみる

 

 

!!!!!

 

 

ウサギさんが!!

 

 

静かに近寄って

「こんにちは」とご挨拶

 

 

チモシーを食していらっしゃるので

挨拶したら立ち去る

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191502j:plain

 

 

どうやらこの方は

名誉駅長さんなのである

 

ウサギさんとしては12歳とご高齢

無茶せず過ごして欲しいものである

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191522j:plain

 

 

さて

ここまでで既に夕方

 

お風呂に入らねば。

 

 

お風呂はハワイで、

と思っていたので

予定通り大山側へ戻りつつ

ハワイへ向かう

 

 

「ハワイ」 → 「羽合」

 

 

"ハワイゆ〜たうん"さん

(お風呂代失念!でも400円もしない)

JAF割引有)

 

 

ササっと入ってスッキリ

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191528j:plain

 

 

お風呂に入ったら

本日の宿泊地

"道の駅大山めぐみの里"さんへ

 

 

到着したら既に閉館後だったので

車内で夕飯を作る

 

食べたらちょこっとTVを観て

寝る支度

 

 

21時 就寝

おやすみなさーい

 

 

 

 

 

翌:午前2時

おはようございまーす

 

外に出るとチラホラ星が見えている

どうやら

雨模様と言うわけではないようだ

 

よかった〜

 

 

お湯を沸かし

山での飲料を確保

お湯で作るスープパスタを胃に入れる

 

 

ゆた〜っと食べて

ゆた〜っと身支度

 

 

さーてと

行きますかね

 

 

道の駅から大山の駐車場まで25分程分

 

 

 

4時

南光河原駐車場 到着

しかし、ほぼ満車

 

少し後戻り

博労座駐車場(バス発着所の隣)に駐車

この時間は係の方が居ないので

下山後に駐車場代を支払うことになる

 

 

歩く準備をして

交番で登山届けをポストイン!

 

夏山登山口へGO

 

 

まだまだ雪が残っていて嬉しい

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191533j:plain

 

 

4時55分

夏山登山口、スタート

 

 

さー!

行こーーー!

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191540j:plain

 

 

日の出は6時15分前後なので

6合目避難小屋に到着する前には

明るくなっているはずだ

 

 

まだまだノーアイゼンで進む

雪があるところとないところと色々だ

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191545j:plain

 

 

少しずつ明るくなる

 

 

ガッスガスだが美しいな〜

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191551j:plain

 

 

4合目を過ぎた辺りで

アイゼン装着

 

 

雪が溶け

踏み抜かれている箇所も多い

足元には注意だ

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191557j:plain

 

 

ふむ。

 

どうやら今回もガス山行みたいだな

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191601j:plain

 

 

エビフライではなく

氷のアートのようだ

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191607j:plain

 

 

6時35分

6合目 避難小屋

 

 

お茶飲んで

チョコを食べて小休止

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191613j:plain

 

 

ウールのロンT・薄手フリースを着用し

ここまで上がってきた

風もほとんどない

 

しかし

ここからはハードシェルを羽織り

グローブも冬山用に交代

 

風速予報は13mだ

 

 

最近まともに歩けていなかった脚

ちゃんと動いてくれるか心配だったが

6合目からの斜面も登坂対応できた

 

よかった よかった

 

ただ

真っ白で樹氷以外、

何も見えないだけ

 

 

f:id:hachiaruki:20210315205931j:image

 

 

何だか・・・

 

強いよねー

 


f:id:hachiaruki:20210315205935j:image

 

 

3月に入って

全体の雪の量は減っているようだけど

まだまだ真っ白

 

予報通りの風

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191633j:plain

 

 

まずは山頂へ

今回もそこそこ爆風でありますっ!!

 

 

7時35分

大山は弥山 山頂!

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191640j:plain

 

 

山頂から山頂小屋を見やる

 

・・・・・・

 

まるで昨年の写真を見ているようだ

デジャヴも甚だしい

 

 

しかしながら

昨年は小屋内は改装中で

山頂付近の木道も工事中だった

 

それが今回は出来上がっているのだ

 

見えないけど!

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191645j:plain

 

 

では、改装済みの小屋に突撃だ

 

南光河原駐車場がいっぱいだったなら

小屋泊か

日の出待ちだった方が多いのだろう

 

 

ガラガラガラ

 

 

真っ暗な中

ドアを開けた瞬間だけ光が入り

人が沢山いることが分かった

 

 

空いているスペースに腰掛け

ヘッデンを装着

 

キョロキョロしながら

またまた小休止

 

 

f:id:hachiaruki:20210315210009j:image

 

 

玄米茶が美味

 

ふぅぃ〜

 

丸ぼうろをモグモグ

真っ暗な中

こっそり九州をアピールだ

 

 

売店の窓口もキレイに出来上がっている

もちろん冬期は売店はやっていない

 

また秋にでも来ようかな

 

 

f:id:hachiaruki:20210315210028j:image

 

 

小屋を出たら

下山開始

 

真っ白なのだけど

ベースの天気は晴れなので

ガスが切れると皆生の風景が見える

 

午後からは天気も安定しそうだが

帰らなくてはならないのでね。

 

下りますよー

 

 

 

f:id:hachiaruki:20210315210047j:image

 

 

下っていると

わんさか人が上がってくる

人気だね〜

 

 

少しでも人の少ない

早い時間に歩いておいてよかった

 

 

f:id:hachiaruki:20210315210105j:image

 

 

名残惜しい!

 

うっすら影ハチ

 

 

f:id:hachiaruki:20210315210124j:image

 

 

車道からは遠くに晴れ間

 

 

f:id:hachiaruki:20210315210144j:image

 

 

9時51分

下山完了!

 

久しぶりによく遊んだなーーー

 

 

 

大山、ありがとうございました!

 

 

f:id:hachiaruki:20210315210232j:image

 

 

駐車場に戻ろう

 

テクテク テクテク

 

 

f:id:hachiaruki:20210315210251j:image

 

 

戻る途中、

交番で下山届けをポストイン

 

お風呂の用意をし

"モンベル"さん運営のお土産屋さんで

パンを購入

コーヒーを注文しイートイン

 

10時から営業なので

イートインコーナーは一番乗り♪

貸し切り状態でモグモグ

 

 

ちなみに

入店が早かったせいで

まだパンの種類が出揃っていなかった

 

 

f:id:hachiaruki:20210315210308j:image

 

 

お風呂は恒例になりつつある

"豪円温泉"さんへ

 

11時から営業だ

 

 

何ならお風呂も一番乗り!

他の方がくる頃には身体を拭いたり

髪を乾かしたりしていた

 

 

お風呂に入ったら帰路に就く

帰りは三次ICまで斜めに下道を突っ切る

 

 

そうするために大山を出発し

近くのコンビニに差し掛かったら

 

 

建物の屋上に何か居る!

でっかい何かが!

 

コンデジでズームインっ

 

 

金棒持ってっぞ

てことは・・・

 

 

鬼?!

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191651j:plain

 

 

発見した際の状況はこう↓↓↓

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191656j:plain

 

 

ルートも真下を通ることになるので

どんどん近付いて行く

 

 

橋には「鬼守橋(きもり)」とある

 

 

真下を通ったら・・・

 

 

これだっ ↓↓↓

 

 

f:id:hachiaruki:20210315191702j:plain

 

 

おにっ子ランドさんには寄らないが

なかなか大きな鬼を作ったものである

 

 

 

いや〜

 

今回も楽しんだ

 

車で行ける範囲は何かと気を使わず

楽である

ひとり気ままな大山だった

 

 

次はどの山にしましょうかね

 

 

 

 

 

 

平尾台を歩く〜2021.03.06(sat)〜

 

 

2021.03.6(sat)

福岡県北九州市・みやこ町

 

 

平尾台を歩く〜

 

 

 

カイジョっ!!!!!

 

 

と言うことになったようなので

友と平尾台で慣らし山歩きに出かける

 

自粛中、

前回同様に家トレに精を出してはいたが

歩けるだろうか・・・

 

躓いてすっ転んだりしては困りものである

 

「道中で美味いパンを買って行く」

と 、友から申し出があったので

ワタシはスープとオヤツを道中で仕入

茶ヶ床園地駐車場へ向かう

 

 

ドン曇りのなか

お昼前に到着

 

支度してノンビリ歩きスタート♪

 

 

久しぶりの"外の香り"が心地よい

タンポポの黄色がいつもより鮮やかに見える

 

 

f:id:hachiaruki:20210307175515j:plain

 

 

何者か分からない枝の実

 

表面がトゥルンとしている

 

 

f:id:hachiaruki:20210307175521j:plain

 

 

できるだけ人の少なそうな方へ向かう為

"不動の滝"を通過

 

今日も元気に流れております!!

 

 

f:id:hachiaruki:20210307175526j:plain

 

 

"鬼の唐手岩"に岩登りの方達が居たため

広谷台へ

 

 

ちなみに、風が強かったのだけども

「マスクをしてると顔が温かい」という

ちょっとしたメリットが。

 

ゲイター無しであったかい

えぇこっちゃ

 

 

f:id:hachiaruki:20210307175532j:plain

 

 

こちら側は野焼きしていないので

フッサフサである

 

 

f:id:hachiaruki:20210307175537j:plain

 

 

広谷台手前の岩の上までやってきて

お昼ご飯だ

 

手を拭き拭き

 

 

いただきまーす!!

 

 

f:id:hachiaruki:20210307175542j:plain

 

 

続いて、オヤツ!

 

 

フルーツ大福を用意してみた

季節の"鶴の子"はイチゴ味

友持参のスコーンはレモンピール入り

 

 

甘いものは好きなのだが

沢山はいらないので

フルーツ入りはとても良い

 

すっきりサッパリ味である

 

 

f:id:hachiaruki:20210307175547j:plain

 

 

ノンビリ食べたら

身体が冷えてきたので

再び歩き出す

 

 

広谷台にやってきたが

"グレー"

 

より寒そうに見えるなぁ

 

 

f:id:hachiaruki:20210307175706j:plain

 

 

フサフサ〜

 

 

f:id:hachiaruki:20210307175710j:plain

 

 

 

ニョッキリ トゲトゲ

 

アザミ的な花の枯れた後だろうと思うが・・・

 

何だろう・・・

 

(追記:「ハバヤマボクチ」のようだ)

 

 

f:id:hachiaruki:20210307180033j:plain


 

たまに

フワフワの毛に覆われた芽に出合う

 

帰宅してから野草の本で探してみたが

同じ状態のものの写真がなく

名前が分からないままだ 

 

 

f:id:hachiaruki:20210307180451j:image

 

 

フサフサが開いた後か

開く前かの黄色い"何か"

 


f:id:hachiaruki:20210307180505j:image

 

 

雨じゃなくてよかった〜

 


f:id:hachiaruki:20210307180501j:image

 

 

友が湿地の辺りで撮ってくれた1枚

 

シャツの黄色と周囲の枯れ草の色と同化

 

 

撮ってくれた他の写真では

完全に"ハッちゃんを探せ"状態

 

 

大自然との融合である

 


f:id:hachiaruki:20210307180456j:image

 

 

山栗を発見

 

小さくてコロコロしている

 

ナイスっ イガグリっ!

 

 

f:id:hachiaruki:20210307180040j:plain

 

 

 

数時間の平尾台散策

 

そんなこんなで

久しぶりの自然を満喫である

 

 

こうでなくっちゃ♪

 

 

次はどの山にしましょうかね

 

 

 

"SOTO ミニ焚き火台ヘキサ"ヲ入手ス

 

 

ひと月ほど前に

より小さな外遊び道具を...と

「SOTO ミニ焚き火台ヘキサ」

を入手した

 

 

麻紐も

100均のファイヤースターターも

100均のファイヤーブラスターも

入手していたのに試せていなかった

 

 

お天気も悪いし

福岡県は

緊急非常事態宣言中でもある事だし

お試しがてらプチ焚き火を決行!

(アスファルトだけども

道端や駐車場とかじゃないよ

私有地内でございます)

 

 

まずは練習として

少量の麻紐をモフモフにほぐし

ファイヤースターターで着火

 

 

あっさり着火成功

 

 

では、

焚き火台でやってみよう!

 

 

そう意気込んで

少し多めに麻紐をモフり

着火しようとしたら…

 

 

スターターの棒がもげたっ‼︎

 

 

ギャーーーー

 

 

結果、チャッカマンで着火

 

棒は接着剤でくっつけておこう

うむ。

 

 

肝心の焚き火はと言うと

良い感じである

 

フェザースティックが

全くもってフェザーな感じじゃないのは

ご愛嬌

 

内側にナイフさえ入っていれば

火は着き易くなるので

これくらいでもいいだろ

 

 

ファイヤーーー!

 

 

f:id:hachiaruki:20210124192606j:image

 

 

小さいけどあたたかい

 

自転車やバイクや車でも

ソロキャンプなら

これで肉の会を催せそうだ

 


f:id:hachiaruki:20210124192618j:image

 

 

薪が燃え尽きる直前に、もう一つ。

 

ロゴスのヤシガラを使った成型炭を投入

 

ミニサイズでヘキサにぴったり

 


f:id:hachiaruki:20210124192555j:image

 

 

ホームセンターで入手しておいた

140円位の15㎝角の網を乗せてみる

 

 

その上にコールマンのちびケトルをON

 


f:id:hachiaruki:20210124192603j:image

 

 

暗くなってきたな〜

 

炎が良い感じだ〜

 

400mlくらいの水が

10分程で沸騰に近い状態に。

 

 

カップにドリップを装着

 

良い香りだ〜

 


f:id:hachiaruki:20210124192559j:image

 

 

小さな炎でも

なんだかホッコリ

 

チビ鉄板を乗っけて

肉ジュージューしたいなー♪

 


f:id:hachiaruki:20210124192610j:image

 

 

ヤシガラの炭は45分経っても

形が崩れることなく

上方に炎を上げていた

 

 

棒でつつくとホロホロと崩れる

 

 

ほんのり薬品の香りがするのは

成型炭なので仕方ないのだろう

 


f:id:hachiaruki:20210124192615j:image

 

 

キャンプで使うのが楽しみだーーー!

 

 

 

 

 

 

 

雪の関の山-見晴し台-金石山−大山を歩く〜2021.01.10(sun)〜

 

 

 

2021.01.10(sun)

 福岡県飯塚市・田川郡

 

 

〜関の山-見晴し台-金石山−大山を歩く〜

プチ縦走

 

 

寒波です

 

雪です

 

色々な峠が通行止めになっています

 

でもバイパスは大丈夫です

 

 

と、言う事で

昭和の森からの三郡山行きと迷い

関の山へ向かう

 

積雪期の三郡山ー宝満山は人気だ

 

昭和の森キャンプ場の

いくつもある駐車場が埋まるのである

 

難所ガ滝もあるし。

 

 

 

前日の土曜は

チェーンを巻き巻きして

事前に道路情報をチェックした上で

英彦山に向かったのだけど

英彦山駅の下の電光掲示板に

「これより先500号通行止め」

とあった

 

「コレヨリサキ500ゴウツウコウドメ」

 

?!

 

そうなの?!

 

 

 

道路情報では

旧道が通行止めのようだったが・・・

四駆の峠攻め軍団は

普通に通過して行った

 

まぁ、

「通行止め」と分かっていて

何かあってもね…

除雪してくださっているので

別所まで辿り着けるとは思うが…

 

考えても仕方ない!

雪道ドライブしに来たのだ

と、切り替えだー!

オーー!

 

 

チェーン巻いているのと

吹雪いているのとで

行くのも帰るのも時間を要したけれど

これはこれで楽しかった!

 

 

 

そして、本日。

 

 

関の山の駐車場は

8:30が駐車場解錠時刻である

 

バイパスは流れているが

飯塚はまだ路面がゴリゴリしている

 

9時半に駐車場に到着

身支度整えたら出発!

 

パウダーなので

ノーアイゼンで進む

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182449j:plain

 

 

曇ったり晴れたりを繰り返す

 

時折見える青空が美しい

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182454j:plain

 

 

山中も雪だらけ

 

直近の先行者は1名様

消えかかった足跡がもう1名様

ワタシの後に2名様

 

もしや誰もいないのでは?

ヒャッホー♪

と思っていたが

そうではなかった

 

 

モフモフさせながら

縦走路出合いに到着

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182501j:plain

 

 

まずは

お目当ての関の山山頂へ

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182507j:plain

 

 

登山道脇の笹が

雪の重みで垂れ

かまくらの様だ

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182513j:plain

 

 

積雪は雪の上に立った状態で

浅い所で脛の下、

深い所で膝下ほどだ

 

20〜40㎝の間だろうか

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182517j:plain

 

 

太陽が隠れてしまったけれど

関の山山頂 到着!

 

温度計は10℃位を指している

が、

さすがにそれは何かの間違いである

 

確かにあまり風がないので

温かいけれども。

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182523j:plain

 

 

飯塚・八木山方面

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182527j:plain

 

 

田川方面

 

香春岳三兄弟は見えるが

福智山系は雲に隠れている

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182533j:plain

 

 

ベンチが増えてるっ!!

 

設置していただき、

ありがとうございます!

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182540j:plain

 

 

寒くないので

ベンチに座ってコーヒー休憩

 

 

緩やかに吹く風の音を聞いたり

ゆっくりと落ちてくる

小さな小さな粉雪を眺めたりと

穏やかに過ごす

 

 

ふと気づくと

晴れてた

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182557j:plain

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182603j:plain

 

 

ダッサイVサインで影ハチ

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182607j:plain

 

 

英彦山の方を眺めるも

さすがにまだ雲がかかっている

 

 

雪の上でゴロゴロしたい衝動に駆られる

 

しかし

後から来る方々にも

このツルーンとした白い山頂を

楽しんでいただきたいっ

 

我慢だ

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182613j:plain

 

 

あったかいな〜

 

太陽よ ありがとー

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182619j:plain

 

 

小さな雪ダルを製造し

ベンチ下の日陰に設置

 

達者で暮らせよっ

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182624j:plain

 

 

さてと、

長居してしまいましたね。

 

ゆっくりモフりながら下ろう

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182629j:plain

 

 

立派なリーゼント

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182635j:plain

 

 

縦走路を大山方面へ進む

 

見晴台からは

これまた香春岳

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182642j:plain

 

 

八木山側は見えない

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182647j:plain

 

 

こちらは木が多く

登山道の雪が浅い

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182703j:plain

 

 

杉の葉が落ちて

自然のテキスタイル

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182708j:plain

 

 

はい、お久しぶりの

金石山!

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182714j:plain

 

 

キレイだな〜

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182720j:plain

 

 

はい、こちらもお久しぶり、

大山 山頂到着!

 

新たにベンチが設置されている

 

2年前に来た時は無かったと思うので

地元の方が尽力されたのだろう

ありがたい♪

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182726j:plain

 

 

田川方面

 

山手は

また雲に隠れてしまったけれど

平地に近い場所で

白と青の世界を堪能できてラッキーだ

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182732j:plain

 

 

よし、本当に下山しよう

 

モフモフが名残惜しいけど・・・

仕方ない!

 

金石山と見晴台の中間にある

登山口への下山路をゆく

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182738j:plain

 

 

すぐに見晴台下の下山路に合流

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182742j:plain

 

 

これまたすぐに十本杉地点に合流

 

ここからは来た道を戻る

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182747j:plain

 

 

途中の池も表面に氷が張っている

 

 

f:id:hachiaruki:20210110182754j:plain

 

 

下山すると、

駐車場の雪も溶け始め

ベシャベシャとしている

帰りも気をつけないとな。

 

 

雪をゆっくり堪能できてよかった!

 

休日を健やかに迎えられるよう

今シーズンの残りも

健康管理に留意してガンバロー!

 

 

 

次はどの山にしましょうかね