ハチアルキ

山登りが好きな女の山登りのブログ。九州の山を中心に歩いています。

山登りと山にまつわる日々

大崩山を歩く



2019.03.02(sat)
宮崎県延岡市


〜大崩山を歩く〜






寒さが和らぎ、山で凍えずに済みそうになってきた
なんてったって3月だもの!!


予報を見る限り
なんとか午後まで天気がもちそうであるし
行きましょうかね。
大崩山に。




金曜日の仕事終わり、
支度を済ませて自宅を出発

道の駅宇目で仮眠をとる

5時過ぎ、
少々お寝坊気味だけども
ノロノロと朝の支度

上祝子登山口へ向けシュッパーッツ!


40分程で登山口に到着
車はワタシの車の他は2台のみ
道の脇に止めて出発の支度


7時15分
上祝子登山口
スタート





山肌をゆく
川の水の音を聴きながらテコテコ

さっそく橋が登場
大崩山は所謂、
"コレ系の山"なのだ

橋やはしご、懸垂下降ロープがズラリの山


ワタシは上祝子登山口から
湧塚尾根コース〜山頂〜坊主尾根コースを辿り
上祝登山口へ戻る定番コースの予定だ

おそらく15時か16時が降雨までのリミットと思われ
それまでに登山口に戻るつもりで山行を検討


(1人で来ておいてこう言っちゃー何だけども
ソロで初めて♪と言う方は事前の下調べと準備をして
検討しましょー)





25分程で山荘に到着
無人だけど綺麗に整備してくださっている
利用する方は建物内にある協力金入れに
チャリ〜ンと入れてくださいませ




山荘の通り過ぎると分岐
三里河原と坊主尾根の分岐だ
三里河原は通行禁止になっているけれど
方向的には三里河原であるため、進む




続いてロープ出現
ロープや梯子、橋等がコース中に数十ヶ所ある

(全部写真に撮っていると一向に進まないので
全部は撮っておりませんよぉ)




湧塚尾根ルートと登山口への分岐に到着
ここから湧塚尾根ルートへ参ります




7:52
沢にでる
徒渉しますよー


ここの徒渉は"ちゃんと徒渉"しなくてはならない

岩ばっかりに見えるけれど
ドボンの可能性をふんだんに含んだ沢なのだ

ワタシは昔からジャンプ系が苦手なので
背の高い岩に登り
ジャンプしなくて済むルートを探して渡った

それでも「そいやっ!」である

(増水時は絶対に無理をしてはいけない)





山中は他の山と比べると
人の手が入っておらず良い雰囲気だ




ふと顔を横に向けると
鹿ちゃんがものスゴク見てた!

しばらく見つめ合う

警戒の声を出すでもなく
ただ見つめ合う

ワタシが歩き過ぎ去っても
振り返るとまだ見てた!


「ものスゴ見るやん・・・」
呟くワタシ





"袖ダキ"と巻き道の分岐




小積ダキが・・・


ドーーーーーーーン!




下湧塚へ向かいますよー




"湧"と読んだり"和久"と読んだり
難しいねー




登りきると、
気持ちいーーーーーー!




いや〜


オツである





ちょっとだけ座ってノンビリ




歩いていると
古びた樹の目に苔の大地

いーねー




はい、中湧塚へ参ります


かなり端折っておりますけれど
このような感じで梯子等々、頻出します




中湧で更に「おぉー いーねー」
を連発し上湧へ向かう


その上湧塚なんだけども・・・


ザックをデポして梯子の先に手をかけたが
どうにもこうにも
ワタシの手足の長さでは乗り越えられず
撤退


写真では分かりにくいが
梯子の上の岩が少し出っ張っていて…

「んーーーーーっ」

「ワタシのヘタクソっ」


※あ。ちゃんと右奥に道あります





さ、山頂に向かいましょう

カフカ地面の斜面と尾根を歩き




11:41
大崩山 山頂
標高 1644m




雲が出てきているので
サクッとラーメンを食そう
(食べるんかい、である)




来た尾根を戻り
坊主尾根をゆく

とにかくカッコ良い




小積ダキから像岩を眺めよう




後ほど、この像さんを歩く

どこを歩くかと言うと・・・





ココだ




その「ココ」は
「ココ」だ




その前にロープのアトラクション




縦に下った後
横に参りまーす




はい、渡りましたー




この後は
梯子とロープ攻めになる




こんな丸いまろやかは岩も
ロープ伝いに進み
先にある梯子を下る

ヤッホーーーーー!





橋からの梯子もある




坊主岩(米塚)
本当に、坊主というよりお米ちゃん




そうこうしていると
小雨がパラつき始めた

「あら?ちょっと思ったより早かったね」

と言うわけで急ぎ目で下る

そうはいっても、斜度キツめだし
まだちょこっと梯子もロープもあるので
あまり急げない
(土はヌールヌルである)




岩だけでなく山中も美しい
猿の声も聞こえる

自然がいっぱいだ




下山時も1度徒渉があるが
ジャンプが嫌と言ってはいられない状況で
ジャーーーーンプ!し
ノードボンで下山完了



15:31
下山完了

いよいよ登山口、と言うところで
くつろぎ中の牡鹿ちゃんをビビらせたようで
走り去る

本当にビックリしたらしく
立ち上がりながらすっ転んでいた

そんな後ろ姿に
「ビックリさせてゴメンね・・・」と陳謝




下山後は
車で5分ほど下ったところにある
"美人の湯"さんでひとっ風呂

入浴料 510円
シャンプーとボディーソープはございます

受付にある
「大崩山」ステッカーやTシャツを
思わず買ってしまいそうになったが
そこはグっと我慢だ

ワタシがお風呂を出る頃には
どなたもいなくなったので
パチリさせていただきました!





後半は若干雨に降られたものの
怪我なく無事に下山完了!
めでたし、めでたし


次はどの山にしましょうかね







※日頃ヘラヘラしているワタシから
このブログを読んでくださっている方へ

今回はほとんど風もなく
気温も低くない日に狙いを定めました
(個人的に温かい日だと大汗かいて嫌なので)

距離こそ長くないけれど
所謂、危険箇所の多い山に変わりはなく
「初見殺し」の異名さえあるほどでございます

ワタシは
地図、コンパス、ポール(歩く為でなく怪我した時のため)
ヘッデン、救急セット、非常食、
セルフビレイ用のスリング等・・・を持参しました
(いつもソロなので日頃から持参している物も多いです…)

みんな「楽しく歩きたい」とお考えかと思いますので
計画と準備をして、怪我なく楽しく歩きましょ!