ハチアルキ

山登りが好きな女の山登りのブログ。九州の山を中心に歩いています。

山登りと山にまつわる日々

英彦山を歩く-2019.06.23-



2019.06.23(sun)
福岡県田川郡



英彦山を歩く〜




特別理由はないけれど
何となく
英彦山の気分!

と言う訳で
英彦山を歩きにいってみた

今年に入ってからは既に3回目?4回目?
やや英彦山率高めである



いつもながら
起きようと思っていた時間に起きられず
やや寝坊気味

こんな風だけれども
仕事に遅刻したことはない

本当に不思議なくらい



8:45
別所駐車場をスタート!





9:05
奉幣殿


ちゃんと手を綺麗にして歩きますよー





「今日も怪我なく歩けますように!」





山頂でダラっとしたいので
正面登山道をサクッと歩きます!

何なら下山もそうします!


いや〜
それにしても新緑眩しいですな〜




9:42
中宮

宗像三女神にまつわる謂れがあり
なんだか色々と事情が込み入っている様子




半袖でテコテコと快適である

汗は出るけれども
風が気持ち良い




視界が開けてきた

冬の枯れた感じは何処へやら。
緑が濃い




10:05
産霊神社




10:16
英彦山上宮

建屋の痛みが激しいが
それでも尚、威厳のある姿

斜めの標柱だけでも
真っ直ぐにしてあげたい・・・




10:19
山頂広場
標高 1199m


青空がいいですな〜!




中津側の眺望
空と雲が美しい




さて。
だらだらスタート

まずはお腹が減ったので
持参した小説を読みながらラーメンを準備

最近の袋ラーメンの中でのお気に入り
うまかっちゃん 濃厚新味」


細麺のかた麺風で
近頃ではうまかっちゃんの中でも一番好きだ





ラーメン食べてノロノロ拭いて
コーヒータイムである

コーヒーを読みながら読書

風が冷たくて心地よい

オツである




ダラダラしていると
人が増えてきた

下山しますか


11:36
下山開始




正面登山道をそのまま下ろうと
怠け心丸出しにしていたが
ダラけている内に気が変わり
結局、南岳側から下ることに。

「こんもり山の大将」的、
親分の姿


やはりカッチョ良いのである





少し視線をずらして北岳方面
こちらもステキな背中をお持ちである




11:47
南岳 山頂
標高 1199m



トコトコ下って
裏英彦・鬼杉分岐

相変わらず裏英彦への道はトラロープ




12:32
鬼杉

こちらでは東屋で鬼杉を眺めつつ
休憩中の方が数組

ここは小さな沢も流れているし
涼しくて休憩にはもってこいだ




鬼杉のある谷は
大きくて立派な杉や
かつて立派だった杉達でてんこ盛り

雰囲気もよい




久しぶりにこちらを歩いたら
登山道の途中に作業道がドカーン!
と出来ていた

間伐でもするのだろうか・・・




玉屋神社の手前もステキな木々

何より、修験の山とは言え
正面登山道や北岳側の斜面も含め
これだけの石段が
これほどの歳月の間続いている
その事実が凄い

英彦山の歴史に詳しい山店のマスターと
小一時間お話ししたことがあるのだけど…
その話しを含まえ、
凄い





13:16
玉屋神社




14:00
奉幣殿


炭酸飲料を欲している
せっかく修験の山を歩いたのに
煩悩全開である




14:30
別所駐車場に戻る
下山完了!

ユルユルてこてこ
今回も楽しめた

日頃何気なく歩いている英彦山だけれど
ぎっしり歴史が詰まっている

古の教え
古の政治問題
古の戦い

色んな事件が凝縮されている英彦山
書籍でも入手して勉強してみようかしら。


次はどの山にしましょうかね