ハチアルキ

山登りが好きな女の山登りのブログ。九州の山を中心に歩いています。

山登りと山にまつわる日々

尾瀬への山旅① 2019.09.20(fri)~09.23(mon)

 

 

2019.09.20(fri)〜09.23(mon)

福島県・栃木県・新潟県群馬県

 

尾瀬への山旅①〜

 

 

友と「尾瀬へ行こう」

・・・と尾瀬への山旅を実行

 

飛行機が安いし早いのだが

諸事情あって新幹線パックを使用した

 

尾瀬をくるっと歩き

燧ヶ岳か至仏山のどちらか歩けたらいいね

と、話していた

今回のスケジュールとルート的には

至仏山を歩く方が効率が良かった

 

 

あとはお天気次第だ

 

 

怪我さえしなければ

ピークを踏まずとも満喫できる

 

 

 

 

【 DAY1 】

福岡から東京へ

 

仕事を終え

急いで新幹線に乗り込む

 

乗ってしまえば旅気分だ!

 

福岡から東京への新幹線移動…

 

福岡から大阪

福岡から名古屋

それくらいはこれまでも経験があるが

東京まで新幹線、というのは初めてだ

 

長いはずなのだが

友もワタシも

長時間移動に慣れてしまっていて

あまり何も感じない…

「寝れるな」くらいのものだ

 

 

東京駅に着いたら

山手線で浜松町へ

 

そして

江戸でござる!

 

 

f:id:hachiaruki:20190924212753j:plain

 

 

新幹線パックにセットの宿は

豪華にも"東京プリンスホテル"さん

 

意外にも安かった

新幹線往復とホテルで3万円程

 

LCCで丁度良い移動時間帯のものが

安い時期に押さえられたら

恐らく3万円もせず

前泊と往復の交通費が賄えたと思うが

仕事の都合でそうはならなかった

 

いや、でも豪華である

山服でノソノソ入っていくのが憚られる

 

 

f:id:hachiaruki:20190924212805j:plain

 

 

部屋からは東京タワー!!

 

 

f:id:hachiaruki:20190924212816j:plain

 

 

普通のスーペリアツインだが

スッキリしていて落ち着く感じ

 

こんなにステキなホテルだが

滞在時間は5時間程だ

 

「おやすみなさーい」

 

 

f:id:hachiaruki:20190924212828j:plain

 

 

【 DAY2 】

東京から尾瀬

 

 

5:00 起床

身支度を整えチェックアウト

東京メトロ 大門駅へ向かう

 

 

ありがとうございました!

 

 

f:id:hachiaruki:20190924212838j:plain

 

 

途中、増上寺を横目に駅へ向かう

 

2人で写真をパチパチ撮っていたら

乗ろうとしている地下鉄に遅れそうになる…

 

 

f:id:hachiaruki:20190924212850j:plain

 

 

東京から尾瀬へは

直行バスがある

 

ワタシ達は大清水登山口から入山するが

大清水まで乗り換えなしだ

列車だと2・3回乗り換えることになる

 

東京メトロ大門駅から大江戸線で新宿へ

新宿駅からバスタ新宿

 

バスタ新宿は人でてんこ盛り

3連休初日は伊達ではない

 

売店で朝食を購入し

バスへ乗り込む

 

台風がやってくる予報だからか

水芭蕉の時期ではないからか

バスの中は3分の2の乗車率

 

6:35 

バスタ新宿 出発

 

途中2回の休憩がある

赤城高原SAでの休憩では

展望スペースから谷川岳方面が見渡せるのだが

 

・・・・・・

 

何も見えねー

 

こんな日もあるよねー

 

 

f:id:hachiaruki:20190924212902j:plain

 

 

休憩を経て

大清水に到着

 

ここから先

お手洗いはほぼ全て有料だ

100円玉を用意しておこう

 

 

 

11:22

大清水登山口 出発

 

大清水登山口から一ノ瀬休憩所まで

1時間少々は砂利道の林道を歩く

 

林道は暇なので

友としりとりをしながら歩く

 

さすがに大人なので

なかなか「ん」を言わない

 

1ゲームが長い

 

 

f:id:hachiaruki:20190924212913j:plain

 

 

しかし、お陰様で

本格的な登山道が始まる一ノ瀬休憩所まで

すぐに着いた

 

飲み物を飲んで

お手洗い休憩だ

 

 

12:49

一ノ瀬 出発

 

 

入口には早速

「熊に気をつけてね」の案内

 

自作の熊鈴をつけて歩き始める

 

 

f:id:hachiaruki:20190924212926j:plain

 

 

笹も木々も花も

一つ一つが大振りだ

 

 

f:id:hachiaruki:20190924212940j:plain

 

 

葉がギザギザしていないが

アザミの仲間

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213020j:plain

 

 

木道の登りだ

 

「滑る」と聞いていたが

いつも通りの山用の歩き方で歩けば

滑らなかった

 

重心がブレると滑る

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213030j:plain

 

 

よく整えられた木道は

尾瀬全体で65kmもあるそうだ

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213046j:plain

 

 

14:12

三平峠

 

ここで標高は久住連山並みになる

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213100j:plain

 

 

三平峠から少し下ると

左手に尾瀬沼が見え始め

燧ヶ岳も見えるようになる

 

 

14:31

尾瀬沼山荘

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213113j:plain

 

 

木道の幅が広くなり

尾瀬沼の空気を感じながら

軽快に歩く

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213128j:plain

 

 

木道が始まる頃から頻出するのが

"トリカブト"

 

紫色がとても美しいが

根を乾燥させて煎じると毒になるそうだ

昔、殺人事件もあったなぁ

恐ろしや・・・

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213143j:plain

 

 

お天気が曇りなので

燧ヶ岳の先っちょは

やはりガス

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213154j:plain

 

 

白くて可憐な "ウメハチソウ"

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213206j:plain

 

 

ぽよんと風になびく

"ワレモコウ"

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213624j:plain

 

 

はい!

 

そして本日の宿

"長蔵小屋"への分岐!

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213219j:plain

 

f:id:hachiaruki:20190924213251j:plain

 

 

小屋の入口の前にはお水!

 

美味しいよ!

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213308j:plain

 

 

15:05

長蔵小屋 到着

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213320j:plain

 

 

受付を済ませて

土間で靴を脱ぐ

 

 

雰囲気が最高である

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213331j:plain

 

 

相部屋のはずが

キャンセルが出たとのことで

友と貸し切りになった

 

2段ベッドがあり

それぞれ畳敷きだ

 

素泊まりにしたので

1人1泊6,000円である

 

大変ありがたいことに

お風呂がある

(石鹸類は使用できない)

 

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213342j:plain

 

 

自炊は外か中で行うが

中で行う際は

洗面ゾーンにステンレスの台があるので

その上であればバーナー使用OKだ

(室内での火気使用はできない)

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213356j:plain

 

 

外に散策に出てみる

 

ビジターセンターや売店

長蔵小屋の別館、尾瀬沼ヒュッテが集合

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213410j:plain

 

 

展望デッキのような場所もある

 

オツである

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213423j:plain

 

 

長蔵小屋の売店

色々な物が販売されている

 

小屋の方の手作り品もある

ワタシはバンダナとバッジとお餅を購入

 

手拭いが欲しかったが

種類が多くカッチョ良すぎて

選べなかった・・・

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213435j:plain

 

 

売店でも飲み物や食べ物を売っているが

別館の喫茶店も非常に雰囲気がよいので

胃袋に余裕のある方は

是非、お立ち寄りいただきたい

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213449j:plain

 

 

さ。

宿に戻って夕食だ

 

ステンレス台でおでんと五目ご飯を作り

部屋に持ち帰って食す

 

(鍋敷きを忘れたので

バーナーを鍋敷き替わりにしておりますが

誓って室内で火は使っておりません!)

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213521j:plain

f:id:hachiaruki:20190924213534j:plain

 

 

食後、お風呂に入り

談話室でまったりしていると

19時よりビジターセンターで

何やら催しがあるとの放送が流れる

 

そりゃ〜、行ってみねば!

 

 

入口へ行くと

帳場にステキな行灯!

 

これ、クルクル回っていて

尾瀬の風景が映し出されていた

 

和むわ〜

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213546j:plain

 

 

ビジターセンターで尾瀬の成り立ちや

植物の話しを聴き

談話室に戻る

 

談話室にはお湯の入ったポットと

ほうじ茶が入ったポットが設置されている

 

どなたでも飲んで良くて

ほっこり助かる

 

セルフサービスながら

コーヒーも作って飲めるようにしてくれている

(お金をチャリ〜ンと入れる方式の有料)

 

 

薪ストーブの周りでトランプをする

 

2人でババ抜きすると

あっちゅー間に終わる

 

 

トランプも人生ゲームもすごろくも

小屋が置いてくれている

皆、本を読んだりゲームをしたり

思い思いの過ごし方をされていた

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213600j:plain

 

 

小屋の中は板張りなので

夕方からグッと冷え込む

 

お風呂と談話室でポカポカになってから

お布団に滑り込むのがオススメだ!

 

 

f:id:hachiaruki:20190924213612j:plain

 

 

 

ふぅ〜

ゆっくり眠りましょうかね〜

 

「おやすみなさーい」

 

 

 

※夜は冷え込みます。

小屋の中でも

フリースやダウンを羽織って過ごします。

9月中旬以降は防寒着をお忘れなく〜