ハチアルキ

山登りが好きな女の山登りのブログ。九州の山を中心に歩いています。

山登りと山にまつわる日々

尾瀬への山旅② 2019.09.20(fri)〜09.23(mon)

 

 

2019.09.20(fri)〜09.23(mon)

新潟県福島県群馬県・栃木県

 

 

尾瀬を歩く②〜

 

 

【 DAY2 】

尾瀬沼から山の鼻へ

 

 

5:30

起床

 

おはようございます!

 

グッと冷え込んだ夜だったが

毛布やら敷き毛布を使い

ポカポカで眠ることができた

 

快眠である

 

 

バーナーOKゾーンでお湯を沸かし

粉末きのこポタージュにお湯を注ぐ

湯沸かし中、

パウチ入りのヤングコーンと

うずらたまご、チキンを切り分け、

パンに挟む

 

簡単朝ご飯の完成だ

 

 

 

f:id:hachiaruki:20190925210934j:plain

 

 

食べたら身支度を整える

洗面スペース(石鹸不可)の窓から

晴れているらしい光が差す

 

支度が整ったら出発だ

入口を出ると・・・

 

晴れている!

 

「ありがとうございました!」

 

 

f:id:hachiaruki:20190925210945j:plain

 

 

6:50

長蔵小屋 出発

 

 

燧ヶ岳も美しい姿を見せてくれている

残念ながら今回はスルーだ

 

 

f:id:hachiaruki:20190925210958j:plain

 

f:id:hachiaruki:20190925211008j:plain

 

 

20分程歩くと

長英新道との分岐に到着

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211019j:plain

 

 

思っていた以上に広大で

思っていた以上に穏やかで

思っていた以上に清々しい

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211032j:plain

 

 

尾瀬沼のほとりを進む

 

一歩一歩がもったいないなぁ

 

暑くもなく

寒くもない

本当に心地よい

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211044j:plain

 

 

植物も豊富

 

キノコが沢山!

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211056j:plain

 

f:id:hachiaruki:20190925211112j:plain

 

f:id:hachiaruki:20190925211124j:plain

 

 

7:52

沼尻休憩小屋

 

少し離れた所にお手洗いもある

 

小屋は飲み物やオヤツの販売をしている

テラスのようになっており

小休憩にもってこいだ

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211155j:plain

 

 

池塘にはピヨっとした植物が

ニョキっと生えている

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211208j:plain

 

 

しゃがみ込んで撮っている姿を

友に激写される

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211925j:plain

 

f:id:hachiaruki:20190925211920j:plain

 

f:id:hachiaruki:20190925212015j:plain

 

 

沼尻の休憩小屋を抜けると

見晴までは峠を越えることになる

峠といっても緩やかに登って下るだけだ

 

山中に入るので

ここでも多くのキノコを見ることができる

 

「大きなトマトが・・・」

と思ったら・・・

 

"タマゴダケ"!!

 

恐らく、

小学生の拳くらいはあるはずだ

大きい!

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211219j:plain

 

 

9:36

見晴

 

沼尻から1時間半少々で

小屋集合地帯に到着

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211237j:plain

 

 

この辺りの小屋は

パンケーキセットがあるなど

オヤツが豊富だ

 

 

ワタシ達は

"弥四郎小屋"さんで休憩をとることに

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211258j:plain

 

 

宿泊客が引いて

お掃除の真っ最中だったが

喫茶室が営業中だったのでお邪魔した

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211310j:plain

 

 

良い雰囲気である

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211325j:plain

 

f:id:hachiaruki:20190925211336j:plain

 

 

ショコラとチーズケーキを注文

友と半分ずついただく

 

 

オツである

 

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211347j:plain

 

 

休憩したら

またまた歩き始める

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211358j:plain

 

 

弥四郎小屋を出て少し歩くと

前方から歩荷さんが!

 

友が撮ってくれたのだが

中肉小背のワタシと比較すると

・・・何だか・・・

全体的に倍くらいある

 

先ほど食べたケーキ、

運んでくださっているのだろうか・・・

 

ありがとうございます!!

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211431j:plain

 

 

見晴を出ると

いよいよ尾瀬ヶ原なのだが

しっかりとした木々のゾーンもある

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211444j:plain

 

 

流れも清らか

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211458j:plain

 

 

草紅葉が始まったばかり

オレンジ色の草だが

近づくと色とりどり

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211516j:plain

 

 

前夜にビジターセンターでお話を伺ったが

川が流れ

緑が生い茂っている所が

県境になっているそうだ

 

尾瀬、といっても4県にまたがっている

そう考えると

やはり広大だ

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211538j:plain

 

 

11:22

竜宮小屋に到着

 

ここで昼食をとる

外のベンチでチキンラーメン

山菜おこわを食す

 

食べたらお手洗いをも済ませ

身支度整え直す

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211559j:plain

 

 

靴ひもを結び直している時

ふと足元を見ると

 

"アケボノソウ"

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211612j:plain

 

 

さーて。

続いては

"ヨッピ橋"方向へ向かいましょ

 

「竜宮小屋さん ありがとうございました」

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211626j:plain

 

 

12:53

"ヨッピ橋"

 

大きな橋ではないのだけども

結構揺れる

 

橋は渡らず

本日の宿のある

山の鼻ゾーンへ向かいましょう

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211642j:plain

 

 

ちょっと雲が出てきたけれど

雨は降らなさそうだ

 

 

池塘には"ヒツジグサ"

このヒツジグサも紅葉する

 

既にオレンジがかっており

可愛らしい

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211656j:plain

 

 

"エゾリンドウ"

 

九州のリンドウは

地面に近い所で咲いているが

 

エゾリンドウは大ぶりで

地面から30〜40㎝ほど茎が伸び

高い位置で咲いている

 

密集した花の中にピンクの花!

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211753j:plain

 

 

蝶々とアザミ

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211805j:plain

 

 

"ヒツジグサ"は花をつける

 

午前10時くらいから開き始め

午後14時くらいから閉じるそうだ

 

丁度開いている時間帯に

池塘の多いゾーンに居た為

開いているのを見ることが出来た!

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211818j:plain

 

 

その花は凛として美しかった

 

 

f:id:hachiaruki:20190925212001j:plain

 

 

山の鼻に近付くと

「逆さ燧」なるゾーンがある

 

燧ヶ岳がキレイに映り込む池塘があるのだ

少し波立っているので

ヨヨヨと写っているが

逆さ燧!

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211832j:plain

 

 

尾瀬ヶ原には

いくつか熊目撃情報地点があり

山の鼻ゾーンはその一つ

 

よって

熊チーンがあるので

鳴らしてみる

 

 

 

人間より以前にここで暮らしている熊。

 

そのツキノワグマは概ね木の実等を食す

元々は臆病で肉食メインではない

 

人間に驚いた熊が

人間と接触してしまい

熊を殺してしまう事態に至らぬよう

この熊チーンを設置している

入山者にも熊ベルを装着を促している

 

 

とても大切なことだと思う

 

ビジターセンターの方も

上記のようにおっしゃっていて

複雑な思いを抱えている様子だった

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211932j:plain

 

 

 

14:29

尾瀬ロッジに到着

 

2泊目も素泊まりだ

1人6500円

お風呂あり(石鹸不可)

 

受付を済ませ

部屋に荷物を置く

ここでも個室になった

 

四畳半だが2人なので十分だ

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211845j:plain

 

 

さて。

 

お隣の小屋「山の鼻小屋」さんへ向かう

 

まいたけご飯が食べたかったからなのだが

15時前ということもあり

昼食提供の時間は終了していた

(当たり前だな・・・)

 

それなのに

「カレーくらいだったら出せますよ」

「もうすぐ片付け終わるので少し待ってて」

とお声掛けくださった!

 

お言葉に甘えて

周辺を散策し、小屋へ戻る

 

 

「いただきますっ!」

 

美味である!

 

しかも、

ワンカップのコップがステキだっ

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211856j:plain

 

 

「ごちそうさまでした」

 

 

尾瀬ロッジに戻り

翌日の作戦会議

 

 

17時過ぎにはロッジの方が

ポトフとトマトを振る舞ってくださり

遠慮なく食した

 

これまた美味であった

 

 

 

山の鼻ビジターセンターでも

夜のレクチャーがあり、またまた参加

一日見て歩いた植物の復習になった

 

こういうお話は聞いておいて損はない

というか

得しかない

 

 

 

山の鼻ゾーンは

尾瀬ロッジさんや山の鼻小屋さん以外に

至仏山荘もある

 

至仏山荘さんの前には

18〜20時営業のバーがあり

提供しているものの種類は多くないが

お酒を嗜む方には楽しいと思われる

 

 

ワタシ達は翌日に備え

お風呂に入り、

お湯を沸かし、

山専ボトルへ補充

 

 

f:id:hachiaruki:20190925211909j:plain

 

 

 

眠る準備は万端

 

 

台風がやってくるが

予報は「曇り」

 

どうなりますことやら。

 

 

ー③へ続くー