ハチアルキ

山登りが好きな女の山登りのブログ。九州の山を中心に歩いています。

山登りと山にまつわる日々

烏帽子岳・往生岳・杵島岳を歩く

 

 

2019.10.20(sun)

熊本県阿蘇

 

烏帽子岳・往生岳・杵島岳を歩く〜

 

 

紅葉狩りにはほんの少し早いようだ

ではどこにしよう?

阿蘇にしよう!

 

雄大な景色を観たい時は

久住や阿蘇だ!

 

ほとんど夜に近い朝から車を走らせ

下道ドライブ〜

車の少ない時間帯の移動が好物だ

 

 

6:50

大観峰周辺はとても美しい朝靄

目指す阿蘇ももれなく美しい!

 

 

f:id:hachiaruki:20191020193047j:plain

 

 

草千里の駐車場は

まだ係の方が来られる前

 

下山後に支払うとしよう

 

 

さて。

今回は草千里東端から入山し

烏帽子岳を歩く

 

次いで古坊中側へ下り

遊覧ヘリ乗り場近くの登山口から

古御池火口群へ向かう

 

右手に中岳や高岳を眺めながら

古いお鉢を半時計回りに歩く

杵島岳との分岐までやってきたら

右へルートを取り往生岳へ

 

往生岳からは分岐まで戻り

杵島岳を歩く

そして草千里駐車場へ戻る

 

そんな感じで歩くぞー!

 

 

 

7:46

草千里駐車場 出発!

 

 

f:id:hachiaruki:20191020193056j:plain

 

 

歩き始めてすぐに反省

 

「嗚呼 ゲイター持ってくるんだった・・・」

 

と。

 

 

朝露で草木が潤っており

非常に美しいのだけど

膝から下がズブ濡れである

 

「濡れたや〜ん」

と呟きつつ

キレイだから写真を撮る

 

 

f:id:hachiaruki:20191020192455j:plain

 

f:id:hachiaruki:20191020193110j:plain

 

 

おや?

 

これはこれはミヤマさん。

秋咲きしちゃったのだねぇ

 

 

f:id:hachiaruki:20191020192507j:plain

 

 

8:30

烏帽子岳 山頂

標高 1,337m

 

すっかり火山灰で霞んでしまったが

景色は雄大だ〜

 

 

f:id:hachiaruki:20191020192518j:plain

 

 

それにしても

大きなクレーター

 

 

f:id:hachiaruki:20191020192530j:plain

 

 

山上からはモクモクと立ち上っている

 

 

f:id:hachiaruki:20191020192543j:plain

 

 

景色を堪能したら

古坊中側へ下る

 

草千里に戻るルートより

こちらの方が藪漕ぎ感高めで

更にズボンが濡れる

 

風が冷たい日ではなくて良かった

 

 

f:id:hachiaruki:20191020192556j:plain

 

f:id:hachiaruki:20191020192609j:plain

 

 

9:07

一旦車道に出る

 

 

f:id:hachiaruki:20191020192621j:plain

 

 

はい!

朝露と灰でビッタビタ!!

 

 

f:id:hachiaruki:20191020193136j:plain

 

 

ヘリ登り場の少し手前に

左へ道が延びているので

ここを上がっていく

 

 

f:id:hachiaruki:20191020192634j:plain

 

 

道標もちゃんとございます

 

 

f:id:hachiaruki:20191020192650j:plain

 

 

展望スペースを経て

古御池火口群の案内板までやって来た

味があって可愛らしい

 

この案内板の5m程手前からお鉢方面へ向かう

 

 

f:id:hachiaruki:20191020192717j:plain

 

 

お鉢といっても草ボーボーの火口の周りに

これまた草ボーボーの縁があるので

トコトコ歩く

 

杵島岳との分岐を過ぎ

最鞍部までやってくると

阿蘇の街が見える

 

また、

火口群の案内板を最後に

道標のようなものはなくなるのだけど

竹の棒に

薄ピンクのビニ紐をピロピロさせたヤツが

要所要所に刺さっている

 

事前に地図を見ておき

ピロピロと併せて歩けば迷うことはない

(と思われる)

 

 

f:id:hachiaruki:20191020192730j:plain

 

 

往生岳へは第1ピークを越えて

どんぶらこである

 

第1ピーク上は平で気持ち良い

 

離れているとまん丸なピークに見えるが

不思議だね〜

 

 

f:id:hachiaruki:20191020192741j:plain

 

 

中岳等々の荒々しい姿を

チラチラ見ながら歩くことができる

 

 

f:id:hachiaruki:20191020192752j:plain

 

 

ちょっぴち崖っぷちを歩いた

その向こう側が往生岳である

 

 

f:id:hachiaruki:20191020192814j:plain

 

 

10:25

往生岳 山頂

標高  1,238m

 

とにかく山頂からは大展望!

 

 

f:id:hachiaruki:20191020192830j:plain

 

 

足元には沢山のリンドウ

 

 

f:id:hachiaruki:20191020192841j:plain

 

 

杵島岳に向かいながら

今回の行程を眺める

 

烏帽子岳から

クネクネと大きくカーブしながら歩いてきた

 

後は一旦分岐まで戻り

杵島岳へ登るだけだ

 

 

f:id:hachiaruki:20191020192854j:plain

 

 

米塚がポッコリと可愛らしい

 

大地に這う溝も上から見れば溝だが

地上からだと立派な谷

スゴいな〜

 

 

f:id:hachiaruki:20191020192905j:plain

 

 

杵島岳のお鉢

 

半時計回りに歩いて山頂へ

 

 

f:id:hachiaruki:20191020192934j:plain

 

 

カッコいーなー

 

 

f:id:hachiaruki:20191020192949j:plain

 

 

11:22

杵島岳 山頂

標高 1,321m

 

 

大地の息吹を感じながら

オヤツをモグる

 

 

オツである

 

 

f:id:hachiaruki:20191020193002j:plain

 

 

座って食べていると

お昼時間が近くなったからか

人が増えてきた

 

下山しましょ

 

 

駐車場まではコンクリートの道と階段

 

最後まで怪我しないよう

テクテク行こー

 

 

f:id:hachiaruki:20191020193014j:plain

 

 

遊歩道に出る

 

草千里側へ向かう

 

 

f:id:hachiaruki:20191020193027j:plain

 

 

はい、杵島岳登山口にやってきました

 

歩道を真っ直ぐ歩いてゆこう

 

 

f:id:hachiaruki:20191020193036j:plain

 

 

駐車場に戻ってきたら

朝の静けさはどこへやら

 

すっかりいつもの観光地の草千里になっていた

 

まずは駐車代金410円を支払にゲートへゆく

事情を伝えお支払い

 

 

結局、足元は灰で黒くなった

まぁこんな事もあるよね〜

 

 

f:id:hachiaruki:20191020193148j:plain

 

 

火山センター内の軽食屋さんで

ソフトクリーム入手!

 

美味である

 

 

f:id:hachiaruki:20191020193202j:plain

 

 

今回もユルっと満喫

楽しんだ

 

 

下山後のお風呂は

内牧温泉の「大阿蘇」さんでひとっ風呂

お風呂代200円

(石鹸類なし・フリースタイル)

 

 

帰り道もコーヒー飲んだり

パン屋さんでパンを購入して食べたり

立派な日曜日である

 

 

次はどの山にしましょうかね