ハチアルキ

山登りが好きな女の山登りのブログ。九州の山を中心に歩いています。

山登りと山にまつわる日々

久住に泊る -2019.11.22(fri)~11.23(sat)-

 

2019.11.22(fri)〜11.23(sat)

大分県九重町竹田市

 

 

〜久住に泊る〜

 

 

棚ぼた的に金曜日に有給休暇が手に入った

ぢゃぁ 行きますよね、久住

 

そんな訳で金曜の朝、

ほんの一瞬だけ会社に出向き用を済ませ

久住へ向かう

 

行き交う営業車両やトラック、

スーツや作業服、制服を着た方が視界に入る

 

「いや、さーせん!ホント、さーせん!

たまたま休めちゃったもんだから!」

 

と無駄に言い訳しながら運転

 

いつもならワタシも働いている日だ

棚ぼた的な有給の日は気分的にこうなる

 

 

玖珠のAコープさんでちょっとだけ買い出し

お肉でも焼こうと思ったが

牛肉で丁度良い量のパックがなく断念

(豊後牛、食べたかった)

ソーセージを入手

チーズも入手

野菜が摂れないので野菜ジュースも入手

 

 

入手した野菜ジュースを飲みながら長者原へ向かう

 

道中、なかなかの曇天である

 

九酔渓の残りの紅葉を楽しみにしていたが

曇天過ぎてよく分からない

 

ま、行こ

 

 

13:45

ノロノロ長者原を出発

 

「平治号、行ってくるよ〜」

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100330j:plain

 

 

平日だが意外と湿原には観光の方がいる

 

雨が降っている訳ではないし

劇的に寒い訳でもないので

人も少なくていいかもしれない

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100339j:plain

 

 

柔らかい雰囲気の中を歩いていく

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100350j:plain

 

 

夏は緑で瑞々しいこの場所も

落ち葉で感じが違う

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100400j:plain

 

 

葉が落ち

所々に紅葉や黄葉の木々

 

いーねー

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100408j:plain

 

f:id:hachiaruki:20191124100418j:plain

 

 

ぼや〜っと歩いていると

すぐに雨ヶ池だ

 

もちろん、池にはなっていない

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100426j:plain

 

 

そしてミラクルっ!!

もうないであろうはずのマツムシソウ

 

枯れかけているけれど

薄紫色の可憐なお方

 

草木には詳しくないけれど

マツムシソウは大好きな佇まいで

すぐに覚えた

 

残っていてくれて、ありがとう!

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100435j:plain

 

 

そうこうしていると

坊がつるが見えてきた

 

何張かあるようですね

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100444j:plain

 

f:id:hachiaruki:20191124100453j:plain

 

 

15:43

法華院温泉山荘 到着

 

今回は山荘のテン場を利用する

受付でテント1張、お頼み申す

 

 

第1テン場で張る

 

いつの間にやら

小さな看板が設置されている

 

いろいろと設備を整えているんだな〜

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100522j:plain

 

 

曇天ながら静かでよろしい

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100531j:plain

 

 

小さな別荘を設営

 

少しだけプラプラし

お腹が減ったので夕食にする

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100540j:plain

 

 

山荘の談話室をお借りしよう

 

とテクテク向かっていたら

お風呂の方からワーワーと声がする

 

「 ? 」

 

学生さんだろうか・・・

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100551j:plain

 

 

談話室は先客パーティが1組いる様子

 

 

とりあえず、

暖房協力費の募金箱に

小銭(で恐縮だが)をチャリーン!

 

この時期、まだ暖房は入らないけれど

いつも使わせていただいているし

ほんの気持ちだがチャリーンしている

※冬でも夕方以降しか暖房は入らない

 

 

ワタシはラッキーマヨネーズと

コーヒーを飲みながら夕食の準備

 

無洗米をメスティンに投入、

水を入れて少し待つ

 

待っている間、

ボリボリ ゴクゴク

 

それから

持参したブロッコリーとジャガイモを出す

ジャガイモは皮をむき、カット

 

少々、お米を水に浸す時間が短くなったが

火を入れちゃおう!

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100559j:plain

 

 

待つこと20分弱

先客パーティが戻ってきた

どうやらお風呂のワーワーはこの方々の様子

 

 

あ。

 

炊けた

 

蒸らしている間にオリーブオイルを熱して…

 

ジャガイモ投入!

塩ON!

ソーセージも投入!

最後にブロッコリーも投入!

塩ON!

 

 

いただきまーす

 

ジャガイモがほくほくで美味

ソーセージも堪らんね

ご飯が進む

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100609j:plain

 

 

食べたら後片付け

 

コーヒーを飲みながら

テーブルを拭き拭き

 

ごちそうさまでした!

 

 

もう1杯分、食後のコーヒーを楽しみたかったが

先客パーティが賑やかを通り越してきたので

談話室を出る

 

 

 

夜の山荘の灯りが大好きだ

夜と暖かさの両方を感じる

 

 

さーて。

お風呂に入りましょう

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100617j:plain

 

 

テントに戻り

せっせとお風呂支度

 

 

湯船が最高である

 

 

ホカホカになってテントに戻る

真冬ではないので

まだまだ寒さも厳しくない

 

ホカホカのままシュラフに入ったら暑かった

シュラフから出て本を読む

 

すると、

ほとんど歩いておらず

朝も早起きした訳ではないが

睡魔が走ってやってきた

 

 

おやすみなさーい

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100625j:plain

 

 

22時前に就寝し

テントのすぐ近くで鹿ちゃんが鳴いたため

夜中に一度目覚めたものの

かなり寝た

 

5時半 覚醒

 

惰眠を貪り…

 

6時半 起床

 

シュラフの中でズボンと靴下だけ履き替える

 

 

はい!

おはようございまーす

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100634j:plain

 

 

坊がつるをウロチョロ

山荘をウロチョロ

ロッジをウロチョロ

 

敢えて良い風に言おう

ウロチョロという"散策"である

 

お腹が減ってきたら

談話室で朝食だ

 

 

昨晩、先客パーティが居た席が散らかったまま

荷物からウェットティッシュをとゴソゴソしていたら

すぐ後に来たお兄さんがササっと拭いてくださった

 

心の中で「かたじけない」と呟く

 

 

お兄さんは東京から来られたそうで

下山後は大分の知り合いに会いに行くのだそうだ

 

東京から来た方にテーブル拭かせちゃって

本当に申し訳なかった

 

 

朝ご飯!

 

お米は起床後すぐに水に浸していたので

あとは火を入れるだけ。

 

火を入れて炊きあがるまで

コーンスープで胃を温める

 

お米が炊けたら"ぞうすいの素"で

雑炊にする

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100645j:plain

 

 

ぅんまいですな〜

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100708j:plain

 

 

ご飯が炊けたら

ちょっとだけ蒸らして

お湯を足し

ぞうすいの素を投入

 

玉子を忘れてしまったが

それでも朝食にふさわしい優しい味だ

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100719j:plain

 

 

先に旅立つお兄さんとご挨拶

 

お互いに

「気をつけて」

と。

 

 

ワタシも晴れの久住を下山するとしよう

 

 

いつもの「どこにも登らない贅沢」だ

ワタシがよくやるヤツ

 

もはや湯治である

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100729j:plain

 

 

テントを撤収し

スガモリへ向かう

 

「今日は暑そうだな〜」

 

 

談話室横のベンチに荷物を置いて

山荘の売店を物色

ニューアイテムが販売されているようだ

要検討だな。

 

そして更に

山荘周辺をウロチョロ

 

やっと歩き始める気になり

お手洗いを済ませ

着ているものを調整・・・

 

 

前日も曇天ながら

ロンT1枚でユルユル歩いても寒くなかった

 

体内温度計がぶっ壊れている可能性は否めないが

今日は半袖でも良かったかな、

という程の快晴

 

 

 

9:59

テント撤収から約1時間

やっと下山開始

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100738j:plain

 

 

嗚呼 カッコいい

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100748j:plain

 

 

北千里に出て

少し歩いて振り返る

ゴリ男さん(通称:ゴリラ岩)にご挨拶

 

おはようございます!

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100757j:plain

 

 

やっぱり カッコいい

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100806j:plain

 

 

スガモリ越までやってきた

黄色のペタペタが増えている

 

そして

黄山と三俣山の山肌の違いを感じる

対照的である

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100816j:plain

 

 

少し登って

久住山・中岳・天狗ヶ城方面

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100826j:plain

 

 

"愛の鐘"

 

ガスの時や吹雪いている時は

是非、鳴らそう

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100834j:plain

 

 

三俣山は今日も大きい

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100903j:plain

 

 

増殖した黄ペタを行く

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100913j:plain

 

f:id:hachiaruki:20191124100922j:plain

 

 

おや?

麓は雲海ぽいな

 

キレイだねぇ

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100933j:plain

 

 

黒土でぐちゃぐちゃの道を行く

 

途中、

登山道整備をなさっているオジ様と出会う

 

オジ様「登山道で崩れとる所なかった?」

ワタシ「何ヶ所か杭が抜けてる所がありました」

 

オジ様「そうかぁ」

ワタシ「今から舗装路までの間を直すんですか?」

 

オジ様「うん。(ニコッと笑って)暇だから」

ワタシ「ありがとうございます」

 

オジ様「いいえ、気をつけてね」

ワタシ「ありがとうございます」

 

 

絶対に"暇だから"ではない

山を大切に思っている現れだと思うのだ

 

本当に有り難い!

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100943j:plain

 

 

11:48

下山完了

 

 

f:id:hachiaruki:20191124100953j:plain

 

 

下山後、

ソフトクリームを食べるか

お昼ご飯を食べるか悩む

 

その悩みは

一旦、長者原モンベルさんに入り

寝かす

 

 

店を出て

とり天定食を食べることにする

結局いつものパターンである

 

ヘルスセンター下の食堂で

とり天定食をモリモリ食べる

 

 

ごちそうさまでした!

 

 

 

帰路では

玖珠のパン屋さん"しらいし"さんで

パンを入手

 

日曜日の朝のパンが楽しみになる

シメシメ

 

 

は〜

今回も楽しんだ!

 

 

次はどのやまにしましょうかね