ハチアルキ

山登りが好きな女の山登りのブログ。九州の山を中心に歩いています。

山登りと山にまつわる日々

犬ヶ岳を歩く

 

 

福岡県豊前市

2019.12.8(sun)

 

 

犬ヶ岳を歩く〜

 

 

前夜

「明日はどこを歩こうかな〜」

とぼんやり考え

気分とお天気次第だったが

ぼんやり犬ヶ岳が浮かんだ

 

なんで思い浮かんだのかは不明だが

考える手間が省けたので決定!

 

 

8時

犬ヶ岳駐車場に到着

 

1台も停まっていない

貸し切りらしい

 

貸し切りだと思うと

途端にダラダラし始める

 

ダラ〜っと準備して

ダラ〜っと歩き始める

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204347j:plain

 

 

駐車場を出て

右へ行くと"恐ヶ淵コース"

左へ行くと"ウグイス谷コース"

 

前回は恐ヶ淵コースから入ったので

逆のウグイス谷コースを行くことにする

 

お隣の求菩提山や峰続きの英彦山もそうだが

この山も修験の山

 

雰囲気は厳かである

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204403j:plain

 

 

落ち葉や土で滑りやすいので

足元に気をつける

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204412j:plain

 

 

林道に出合う

右へ曲がりそのまま20分前後、

林道をゆく

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204422j:plain

 

 

道中案内板がきちんとあるので

ルートロスする事はないと思われる

 

左手に登山道の案内があるので

ルート復帰

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204432j:plain

 

 

曇天ながらも

冬に入り葉が落ちているので

山中の見晴らしは良い

 

以前より案内板も増えているような気がする

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204444j:plain

 

 

足元に白いものがチラホラ

 

霜の塊かと思っていたが

どうやら降雪があったようだ

 

キノコが雪化粧

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204453j:plain

 

 

地面に茶色と緑のストライプ模様

 

これはこれで不思議な光景

緑色の部分に石達が転がっている

 

この緩やかな斜面を登れば

一応の稜線に出る

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204502j:plain

 

 

笈吊岩の下に到着

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204511j:plain

 

 

岩の側面にはもう氷柱が出来ている

 

ということは・・・

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204520j:plain

 

 

もう、笈吊岩は一部分が

凍っております!

 

案内板で笈吊岩には①と②の鎖場がある

 

今回は①をチョイスしたが

湿っている部分が所々凍っている

 

今現在は

まだアイゼンを装着する程ではないが

凍っているところには足を掛けられないので

要所要所で鎖にも助けてもらい

手足を掛ける場所に留意してヨジヨジする

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204544j:plain

 

 

3分の2ほど上がり

パチッと撮ってみる

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204553j:plain

 

 

上がりきってパチリ

山頂へ向かう

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204602j:plain

 

 

カゴノキの1種だと思うが

模様が大柄

 

この樹皮の模様と色合いが

とても美しい!

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204612j:plain

 

 

曇天だな〜

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204630j:plain

 

 

10:35

山頂直下のベンチ

 

駐車場に車はなかったが

登山道を見ている限り

先行者が1名いらっしゃる様子だった

 

朝早くから歩かれていたのか

この辺りに姿が見えない

 

とりあえずの貸し切り状態だ

 

 

お腹が減ったので

先に食べちゃおう!

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204640j:plain

 

 

うどんとおにぎりとヤングドーナツ!

 

喫茶はち、

久しぶりに看板出してコッソリ営業!

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204650j:plain

 

 

食べていると

雲が少しずつ切れ光が射し始める

 

太陽の力は絶大だ

陽の当たる頬が暖かい

 

食べてコーヒー飲んでホッと一息

 

毎日毎日バタバタせかせか働いている

大切な癒しのひと時だ

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204702j:plain

 

 

片付けて山頂へ向かう

 

シャクナゲの季節は

多くの登山者で賑わうけれど

冬枯れて人もおらず

沢山の光が入り美しい

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204712j:plain

 

 

犬ヶ岳 山頂

標高 1,130m

 

 

避難小屋の中は無人

上に登ってみる

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204723j:plain

 

 

落ち葉と木立が美しい

 

そしてコッソリ

"影ハチ" 成功!

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204757j:plain

 

 

屋根には雪

 

 

これからは雪の季節だな〜

そろそろ軽アイゼン携行始めないとな〜

楽しみだな〜

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204808j:plain

 

 

11:29

眺め散らかしたら

下山開始

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204823j:plain

 

 

ステキだ〜

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204837j:plain

 

f:id:hachiaruki:20191208204849j:plain

 

 

大竿峠

 

今回は正面の一ノ岳はスルー

 

一ノ岳を経由して

求菩提山英彦山への縦走も可能だ

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204859j:plain

 

 

滑らないように気をつけながら

林道まで出る

 

右へ折れて数分進む

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204913j:plain

 

 

左の恐ヶ淵ルートへ復帰

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204923j:plain

 

 

沢まで斜面を少しずつ下ると

小さな滝、というか"淵"が出現

 

 

f:id:hachiaruki:20191208204937j:plain

 

 

山肌に沿って歩いてゆく

 

滑る箇所が多いので

足の置き方に注意して進む

 

鎖場も点在

 

徒渉もある

 

 

f:id:hachiaruki:20191208205021j:plain

 

 

渡りきって振り返る

 

 

f:id:hachiaruki:20191208205032j:plain

 

 

恐ヶ淵までやってきた

 

橋から下を覗く

 

 

f:id:hachiaruki:20191208205043j:plain

 

 

橋から見える部分は淵が浅いが

進行方向側にむかってどんどん深くなる

 

 

f:id:hachiaruki:20191208205058j:plain

 

f:id:hachiaruki:20191208205109j:plain

 

 

斜めにビヨーンと進む

 

 

f:id:hachiaruki:20191208205123j:plain

 

 

岩壁には無数の亀裂があり

縦や横、

自然のものや

人の手で積まれたようなものがある

 

木々と同じく

岩壁も自然にできた

完璧なテキスタイルデザインだ

 

 

f:id:hachiaruki:20191208205137j:plain

 

 

どの木の葉か分からないが

裏がグレーで茎が赤、

という

マントヒヒカラーのお方

 

 

f:id:hachiaruki:20191208205151j:plain

 

 

グラデーション美しい小さな葉っぱ

 

 

f:id:hachiaruki:20191208205208j:plain

 

 

またまた作業道に出て登山口へ戻る

 

駐車場近くのお店が改装し始めている

またオープンするのだろうか。

楽しみである!

 

 

f:id:hachiaruki:20191208205227j:plain

 

 

13:22

下山完了

 

 

今回は特段寄り道もせずに帰宅!

どこかであんこ餅買って帰りたかったのだが…

 

 

朝の冷え込みが良い具合になってきている

この後の季節が楽しみだ

 

 

次はどの山にしましょうかね