ハチアルキ

山登りが好きな女の山登りのブログ。九州の山を中心に歩いています。

山登りと山にまつわる日々

由布岳・飯盛ヶ城を歩く -2020.1.18-

 

 

2020.01.18(sat)

大分県由布市

 

 

由布岳・飯盛ヶ城を歩く〜

 

 

本年の久住での初日の出山行の際、

天狗ヶ城から見えた猫耳

 

「しばらく歩いてないな〜」

と思いながら眺めていた

ですので!

ひっさしぶりの由布岳

 

1時間程お寝坊してしまい

到着も1時間遅れ

ま、

毎度のことなので仕方なし

 

 

8:55

ダラッと支度して正面登山口をスタート

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205427j:plain

 

 

9時前にしては駐車場が空いていた

積雪求めて久住方面に行く方が多いのだろう

 

 

なだらか〜で

穏やか〜な感じ

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205438j:plain

 

 

正面登山道に雪はほとんどないだろう

そう思われるので東側へのルートをとる

 

もう暑い

最初のベンチの分岐で着ていたものを脱ぎ

再び歩き出す

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205447j:plain

 

 

こちらは貸し切り状態

先行者はわずかな様子

 

静かなので鹿ちゃん達が多い

鹿ちゃん達に「おはよう」の挨拶をする

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205456j:plain

 

 

10:00

日向岳の分岐をすぎる

 

うっすら雪が出現

雪の白のお陰で風景が一気に明るくなる

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205506j:plain

 

 

雪と落ち葉のコラボ

 

いーねー

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205515j:plain

 

 

東登山道とぶつかってからは

土と雪を踏みしめ

つづら折りに登っていく

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205528j:plain

 

 

ロープや鎖場もあるが

下の方はまだまだ土が露出している

 

今年は本当に雪がないな〜

 

 

f:id:hachiaruki:20200119210039j:plain

 

 

つづら折っていると

少ーしずつ、

霧氷を見ることができるようになってきた

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205537j:plain

 

f:id:hachiaruki:20200119205547j:plain

 

 

支尾根上から鶴見岳を眺める

まだまだ少し青空がある

 

時間が経つにつれて雲が多くなるはずだ

今の内に堪能しておこう

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205600j:plain

 

 

お鉢巡りルートの合流点に近付くと

雪が増えて来た

 

最後の斜面にも積雪がある思われるので

ここらでチェーンアイゼンを装着!

俄然歩きやすくなる

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205708j:plain

 

 

しかしだ。

最近の冷え込みがユル過ぎて

少々アレルギーが出始めている

元々軽度なので

昨年はほとんど影響がなかったが

今日は鼻水全開である

 

鼻が通らないので口呼吸のみ

 

スピードハイクしなければ

普段の山行で息が上がることはないのだけど

口呼吸のみは少々息が上がる

やはり上っ面の肺呼吸はよくないねぇ

 

とは言え

啜らない事にはちょっと油断すると

風邪っぴきのチビッコ並みに鼻が垂れる

 

ズルっズル言わせながら歩く

 

今シーズン、

久々のマスク山行になるだろうか・・・

レーニングだと思って甘んじて受け入れよう

 

 

それにしても

サクサクとした雪の感触が足裏に心地よい

 

さらに

霧氷の粉かと思いきや

極小の粉雪が降り始めた

この気温でなければただのガスだろう

 

ちょっと得した気分だ

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205721j:plain

 

 

よーし

お鉢巡りルートに合流!

お鉢は巡っても巡らなくてもどちらでもよい

 

この辺りが本日の一番の雪ポイントのはずだ

しばしウロウロしよう!

 

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205731j:plain

 

 

「青空に白い珊瑚礁

はもちろん大好物だが

「白い世界に白い珊瑚礁」も

オツである

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205741j:plain

 

 

西峰側へのお鉢も大変良い雰囲気だ

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205751j:plain

 

 

お鉢ルートから東峰

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205802j:plain

 

 

白い珊瑚

 

エビフライ度合いとしては衣少なめ

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205812j:plain

 

 

霧氷のトンネルの中、

ゆったりと東峰へ近付いてく

 

通過するのがもったいないな〜

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205824j:plain

 

 

11:26

由布岳東峰 山頂

標高 1580m

 

山頂貸し切り!

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205834j:plain

 

 

お像と祠も凍てついている

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205843j:plain

 

 

くじゅう連山方面

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205937j:plain

 

 

太陽は出ておらず風も少々あるが

気温が0℃前後あるはずなので

あまり寒さを感じない

 

おにぎりタイムにするか悩んだが

歩きながら特大チョコボールを食べた為

もう少し遊んでから食べることにする

 

西峰に遊びに行くか!

 

 

f:id:hachiaruki:20200119205947j:plain

 

 

ザックはマタエにデポしてと・・・

特大チョコボールを食べてと・・・

ゆずレモンを飲んでと・・・

 

よ〜し、行こっ

 

 

f:id:hachiaruki:20200119210051j:plain

 

 

岩をヨジヨジ

鎖をヨジヨジ

 

 

12:03

由布岳東峰 山頂

標高1583.5m

 

 

イェーイ 曇天だぜー

 

絵筆でササーッとグレーを塗ったようだ

 

 

f:id:hachiaruki:20200119210102j:plain

 

 

鶴見岳方面

 

 

f:id:hachiaruki:20200119210113j:plain

 

 

ピンボケ甚だしいが

温度計は0℃程

 

そりゃ あったかい訳だ

 

 

f:id:hachiaruki:20200119210121j:plain

 

 

西峰側から湯布院の街方面

 

雲の隙間から光が射している

 

 

f:id:hachiaruki:20200119210131j:plain

 

 

下りながら霧氷を眺め散らかす

 

 

f:id:hachiaruki:20200119210148j:plain

 

 

岩と岩の隙間から東峰

 

 

f:id:hachiaruki:20200119210158j:plain

 

 

下山しましょうかね

 

 

下りていると

東峰からマタエに下りている際

声をかけられた方達と再び出会う

 

そんでもって

また少しお話した

 

地元のオジ様2名様だったが

自宅から登山口まで40分程で到着するとの事

羨ましい限りだ

 

 

さ。

お別れしたら下山再開

 

何より、

鼻水をどうにかしたい

 

 

f:id:hachiaruki:20200119210234j:plain

 

 

・・・と言いつつ・・・

合野越までくると

ついでに飯盛ヶ城も行くか、と歩き始める

 

 

f:id:hachiaruki:20200119210245j:plain

 

 

鼻水もどうにかしたいが

歩いていたらお腹も減って来た

 

飯盛ヶ城でおにぎり食べよう

ついでに鼻水処理もしよう

 

 

f:id:hachiaruki:20200119210256j:plain

 

 

13:31

飯盛ヶ城 山頂

標高 1067m

 

 

f:id:hachiaruki:20200119210305j:plain

 

 

まず第一に鼻水を処理

 

はーーーー スッキリしたーーーー

 

やっと、やっとだ

この水分どっからくるのさ

 

 

これでいい気分でおにぎり食べられる!

 

モグモグしながら駐車場側を見やると

冬枯れた草原が大河のごとき様相だ

 

曇っているとは言え

美しい

 

 

f:id:hachiaruki:20200119210314j:plain

 

 

食べたら下山だ!

テクテク歩き始める

 

 

黒土と枯葉達のコントラストも素敵である

 

 

f:id:hachiaruki:20200119210324j:plain

 

 

14:18

下山完了!

 

霧氷と雪と草原、

今回も楽しんだ

 

 

f:id:hachiaruki:20200119210337j:plain

 

 

 

下山後帰り支度していたら

ワタシより先に下山したオジ様2人が

駐車場を出る所だった

 

"プップー"とクラクションを鳴らし

2人で大きく手を振ってくれていた

ワタシも大きく手を振り返す

 

「またどこかの山で」

 

 

 

そして、そして。

下山後のお風呂の時間である

今回は"梅園"さんでお風呂タイム

 

 

JAFカード優待が利用でき、

お風呂代が半額…

半額である!

(施設が整っていて半額で350円)

 

シャンプー類・ドライヤーがあり

湯布院なのでもちろん湯も良い

 

ありがとうございますっ

 

 

 

お風呂も堪能したら

再び鼻水を処理して帰路に就く

 

めでたし めでたし

 

 

 

次はどの山にしましょうかね