ハチアルキ

山登りが好きな女の山登りのブログ。九州の山を中心に歩いています。

山登りと山にまつわる日々

九州オルレ-香春コースを歩く

 

 

2020.03.29(sun)

福岡県田川郡

 

 

〜九州オルレ-香春コースを歩く〜

 

 

新型コロナウィルス流行の折、

オープンエアで過ごすことにする

 

 

昨年たまたま桜の季節に通りがかり

「来年は歩いてみよう!」

と決めていたオルレ香春コース

いざ!

 

 

友と合流

万一を考え、換気の為

車内の窓を開けたまま車を走らせる

 

 

12:05

採銅所駅からスタート

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213232j:plain

 

 

駅舎の隣のスペースが

立派な待合室になっていた

 

現在の様な状況でなければ

入室の上、室内探検する所だ

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213241j:plain

 

 

駅の周りは桜をはじめ

様々な花で彩られている

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213250j:plain

 

 

桜の季節だからか

駅の周りには撮り鉄の皆様が

ガチカメラを携えスタンバっていらっしゃった

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213300j:plain

 

 

今回も目印に従い進む

 

竹林が美しく林立している

時折

風で竹の葉が同士が擦れてサラサラと鳴る

幹同士がぶつかりカラカラと鳴る

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213309j:plain

 

 

進んでいくと

倒木を潜るポイントに到着

 

倒木には"青春の門"とある

 

なるほど、映画のね。

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213318j:plain

 

 

青春なぞとうの昔に過ぎ去っているけれど

くぐりますっ! 

 

 

f:id:hachiaruki:20200329214036j:plain

 

 

小さな尾根に出て

もうすぐ、と言う所で

友が後方で叫ぶ

 

枯れた「ツチグリ」発見!!

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213327j:plain

 

 

ツチグリ発見後、

すぐに"矢山の丘"に到着

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213339j:plain

 

 

香春岳方面を見やる

 

山肌にピンクの水玉模様

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213403j:plain

 

 

金辺方面を見やる

淡い桜が美しい

 

山頂標識がオシャレな色合い

 

 

持参したパンとオヤツとコーヒーでひと休み

食べたら再び歩き出す

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213421j:plain

 

 

山中にはなんと、金山の跡!

 

"御長生金山跡"

 

中を覗くが深い

足元は水でビッタビタである

外側から覗いて退散

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213442j:plain

 

f:id:hachiaruki:20200329213432j:plain

 

 

更にほんの少し下ると

"御長生の滝"

 

霊験のある水だそう

 

お参りして進む

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213455j:plain

 

 

歩を進めると車道に出る

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213506j:plain

 

 

お天気ののどかな昼下がり

 

"神間歩公園"に到着

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213515j:plain

 

 

公園を少し奥へ進むと

"神間歩"

 

銅も金も採れたらしいが

こちらの洞窟は祭事を行った洞窟とのこと

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213525j:plain

 

 

再び園内に戻り

少々間近で桜を愛でる

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213534j:plain

 

 

桜を愛でたら

畦道をテクテク

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213600j:plain

 

 

JRの線路下も歩く

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213608j:plain

 

 

いや〜

のどかだ〜

 

日差しのお陰であたたかい

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213618j:plain

 

 

車道や畦道を進んでゆくと

"六十尺鉄橋"を臨むことができる

 

線路脇には菜の花がビッシリ咲いている

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213628j:plain

 

 

線路沿いをゆき

道の駅香春付近を通過し

更に線路沿いを進む

 

一旦左へ折れて

"上高野観音寺"に到着

 

お堂の付近にはふっかふかの苔

西陽が当たり

キラキラと美しい

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213638j:plain

 

 

お堂にて後半の道中の安全を祈願

 

お顔は見えなかったが

馬頭観音ともう一体(名前失念)祀られている

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213650j:plain

 

 

観音寺を出て

再び畦道を進む

 

畑の中は小花が沢山咲いており

さながらお花畑の様相

 

色んな花を眺めながら

"香春岳遠望"に到着

 

 

一ノ岳は見る度に小さくなっているな〜

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213703j:plain

 

 

小花やシロサギを眺めるワタシを友が激写

 

ダラッとした立ち姿である

無念

 

 

f:id:hachiaruki:20200329214028j:plain

 

 

さー残りもあと少し。

 

橋の近く、

比較的最近の道標の上に

古い道標が乗っかっている

 

各地域方面を示しているようだ

 

香春岳を直方方面に行くと

手前に上野焼の里「上野」がある

 

石に刻まれた地名を見て友と

「ほほ〜う」と感心しきり

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213715j:plain

 

 

そしてこの辺りの橋には居る、このお方

お猿さん

 

「おいっすぅー!」

 

と話しかけてくれている気がする

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213724j:plain

 

 

橋を渡るとすぐに

"伊能忠敬 宿泊地"の碑に到着

 

全国を測量して回った際

旧街道であったこの地に宿泊したのだそうだ

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213810j:plain

 

 

碑の真上に当たる位置に

"元光願寺の大クス"

 

樹齢は約800年

 

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213832j:plain

 

 

かなり立派なクスなのだけども

どれくらいの大きさかと言うと

↓ コレくらい ↓

 

歩いているのがワタシであるので

ビッグなお方である

 

 

f:id:hachiaruki:20200329214021j:plain

 

 

大クスに感動したら最後のポイント

"香春神社"へ

 

創建1300年!!

スゴいな!

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213843j:plain

 

 

神社の前には

"山王石"という巨石が祀られている

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213852j:plain

 

 

道標と東回廊

 

西回廊は近年再建されたもの

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213904j:plain

 

f:id:hachiaruki:20200329213913j:plain

 

 

神社の本殿は古いけれど趣があり

厳格さが漂う

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213922j:plain

 

 

参道からバイパス方面を見やる

 

石段

鳥居

 

そして

 

セメント工場

 

 

不思議な取り合わせであるが

なんだかマッチしてもいる

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213932j:plain

 

 

ありがとうございました!

 

 

f:id:hachiaruki:20200329213941j:plain

 

 

神社から残り1kちょっと歩いて

ゆるゆる17時頃

香春駅でゴール

 

 

f:id:hachiaruki:20200329214004j:plain

 

 

桜の季節、

今年は楽しむのも難しいけれど

何とか愛でることができた

 

自宅に帰ってからは手洗いを実施

着ていたものも即座に洗濯

効果はないと言われているようだが

うがいも実施

と、出来ることは行っておく

 

ふぅ〜

 

 

 

次はどの山にしましょうかね