ハチアルキ

山登りが好きな女の山登りのブログ。九州の山を中心に歩いています。

山登りと山にまつわる日々

井野山を歩く

 

 

2020.06.07(sun)

福岡県宇美町

 

 

〜井野山を歩く〜

 

 

"福岡里山三昧"を送っている今日この頃

今回は歩いたことのなかった

宇美八幡さんの近く、

「井野山」へ向かう

 

井野公園と言う小さな地域の公園を目指す

鳥居を潜って上がって行くと

左手に公園と駐車スペースが出現

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175950j:plain

 

 

駐車スペースは5・6台分ほど。

駐車スペースの奥に小さな公園があるのだ

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175155j:plain

 

 

 

駐車場の隣には

"八幡産宮"がある

 

こちらは

宇美八幡宮の御旅所にあたり

応神天皇を御祭神とした

御輿の別宅といった所のようだ

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175311j:plain

 

 

通って来た車道は

すぅーーっと

宇美八幡宮まで延びている

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175204j:plain

 

 

さ。

ちゃちゃっと身支度し

まいりましょー

 

 

9:42

スタート!

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175322j:plain

 

 

山頂直下までアスファルト舗装されている

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175333j:plain

 

 

テロンと伸びたシダに枯葉が重なり

スポットライトを浴びている

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175342j:plain

 

 

杉の木が

シダの襟巻きをつけているかの様な

モッフリ感

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175352j:plain

 

f:id:hachiaruki:20200607175407j:plain

 

 

山頂に近付いてくると

左手に小径が出現

 

行ってみよー

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175419j:plain

 

 

完全なる小径である

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175428j:plain

 

 

ものの数分で登山道ゾーンが終わり

アスファルト舗装もなくなる

山頂直下にやってきた

 

 

残すはこの石段を少々登るだけである

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175508j:plain

 

 

10:18

山頂に到着!

 

特別看板的なものは無い

金属パネルに山の紹介があるが

ご家族連れで賑わっており

きちんと見てない

 

 

青空だー!

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175517j:plain

 

 

ここも山城だったようだ

"唐山古城"、"賀良山城跡"

と呼ぶらしい

 

 

この辺りは山城多いな〜

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175529j:plain

 

 

いつもお世話になっている

「立花山・三日月山」がいらっしゃる!

 

くるっと見渡せば

先日歩いた若杉山も

バーーン!と見えたりする

 

展望がよろしい

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175538j:plain

 

 

すぐに踵を返し

食の神様を拝見しに行く

 

山頂から1分ほど

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175557j:plain

 

 

立派な祠である

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175607j:plain

 

 

お参りしたら下山開始!

 

 

下山は登山道を歩いてみる

 

下り始めてから最初のカーブミラーに

「←下山」

と書かれた赤テープが巻き付いている

 

下山してみよ〜

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175618j:plain

 

 

「土の道をゆくぞっ!」

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175628j:plain

 

 

やはり登山道は良いっ

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175637j:plain

 

 

鉄塔通過しまーす

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175707j:plain

 

 

すぐに分岐が出てくるので

左に折れる

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175717j:plain

 

 

竹林・・・

この季節に竹林を通過するのは

いささか緊張するものである

 

猪ちゃんたちの存在を忘れてはいけない

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175727j:plain

 

 

竹林を過ぎたら

小花の群生

 

白くてキレイだー

メルヘーーン

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175738j:plain

 

f:id:hachiaruki:20200607175754j:plain

 

 

こちらも一風違った白い子ちゃん

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175804j:plain

 

 

「わぁ〜」などと言っていると

水汲み場のある住宅地に出て来た

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175815j:plain

 

f:id:hachiaruki:20200607175824j:plain

 

 

あとは車道の"赤井手バス停"まで出れば

下山完了!

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175837j:plain

 

 

まだ11時過ぎなので

車を置いたまま

ササっと宇美八幡宮さんまで行ってみよう

 

バス停から30秒ほど駐車スペース側へ戻ると

駐車スペースへの入口だった鳥居の正面に

一直線で八幡宮への道が延びている

 

突き当たりの八幡宮まで進むべし

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175849j:plain

 

 

はい、バチーンと突き当たりましたよ

七五三でもないと思うが

よりヤングなチビッコを連れた親御さんが

いーっぱいいらっしゃるではないか。

 

「山服のままですいませんねー」

と思いつつバンバン境内へ進む

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175908j:plain

 

 

大きな楠の木が生えている

周囲の樹々も大きい

 

これまで見た楠の巨木の中でも

かなり大きい部類に入る・・・

などと一人思いつつグルリと回ってみる

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175921j:plain

 

 

写真では分かりにくいが

木の出っ張りや枝に

ハトちゃん達が休憩しているのだ

 

なんだかほんわかしますな〜

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175942j:plain

 

 

境内は賑わっている

 

 

f:id:hachiaruki:20200607175931j:plain

 

 

 

売店で和菓子でも購入して帰るか!

と思ったが

こちらも思いの外人が多い

 

 

 

よし。

 

帰ろ。

 

人間、引き際が肝心である。

 

 

今回も楽しんだ!!

いつも歩いている山々をグルッと見渡せ

お得な山である

 

 

 

次はどの山にしましょうかね