ハチアルキ

山登りが好きな女の山登りのブログ。九州の山を中心に歩いています。

山登りと山にまつわる日々

シルクスクリーンでTシャツを自作す

 

 

2020年7月某日

 

 

シルクスクリーンでTシャツを自作す〜

 

 

山や山帰りで着るTシャツ、

何かないかな〜と山店で眺めるが

高かったり

柄がラブリー過ぎたりして

購入に至らないことが多い

 

自分で作れないか調べていると

"シルクスクリーン"という技法があるとな。

 

キットも売られているし

マシーンもあるようなのだが

「そんな何枚も大量には作らない」

と言うのが正直な所

 

 

もちろん

ちゃんとしたキットやマシーンを使った方が

クオリティーは良いのだろうが

そこは今回度外視だ

 

 

数枚作れたらいいので

もっと安価に

100円ショップの材料で

どうにかならないか・・・を更に調べる

 

すると

自作されている方が多く

沢山ヒット

 

それに倣ってTシャツと材料を調達

 

 

作るぞー!!

 

 

【要るもの】

・Tシャツ

好みのを用意する

 

・木の枠

100均の額で代用

 

・スキージー

100均の製菓コーナーにある

 

・カッターかデザインカッター

100均や文房具屋さんにある

 

カップかタッパー

使い古しかゼリー食べたあとのでよいと思う

 

・スプーン

アイス食べたあとの物で十分

 

・カッティングシート

100均のリメイクシートで代用

 

テトロンメッシュ 

手芸屋さんにあるオーガンジーで代用

(1M幅×50㎝ 270円くらいのSALE品代用)

 

・布用インク

今回はターナーの"布えのぐ"を使ってみた

画材屋さんに売っていたが

ネットで購入した方が早いかもしれない

 

黒・白・シルクスクリーンメディウム

メディウム

スムーズに布へインクがのるようにする物)

 

・カッティングマット

100均のもので代用

 

・タッカーかホッチキス

ホッチキスで代用

 

・マスキングテープ

あれば何かと便利

 

 

以上が必要なものだ

 

元々持っているものも複数ある為

今回購入したものは少ない

 

Tシャツ、木枠、オーガンジー

布えのぐ、スキージーの5点くらい

 

インク類とメッシュ生地以外は

100円ショップやホームセンターで揃う

※100均のアクリル絵具(アクリルガッシュ)に

メディウムを混ぜる技もあるようだ

 

 

f:id:hachiaruki:20200802115309j:plain

 

 

では、作成開始!

 

 

 

① 版のデザインを作る

これは・・・自分でどうにかこうにか作る

 

 

② 木枠に生地を貼る

オーガンジー生地がたるまないよう

引っ張りながら木枠にホッチキスで固定する

 

 

f:id:hachiaruki:20200802115319j:plain

 

 

③ 型を切り取る

作ったデザイン画を

カッティングシートの剥離紙側に固定し

カッターで切り抜く

 

 

f:id:hachiaruki:20200802115329j:plain

 

 

④ 切り抜いたシートを木枠に貼る

ホッチキス止めした生地側に貼付ける

 

 

f:id:hachiaruki:20200802115339j:plain

 

 

⑤ Tシャツに木枠を乗せ位置を決める

この時、

クリアファイル等をTシャツの内側に入れ

色移りしないように注意

新聞紙だと乾いてきたらくっつくと思われる

クリアファイルや下敷きがいいだろう

 

 

f:id:hachiaruki:20200802115351j:plain

 

 

⑥ 刷る

インクを混ぜて型にのせ

スキージーで刷る

 

スキージーはデザインの縦幅と同じものが楽

 

インクとメディウムは1:1が推奨だが

今回のインクはそもそも布用だし

刷り易い粘度かな?と思う量だけ混ぜた

 

 

f:id:hachiaruki:20200802115400j:plain

 

 

足りないとマズいので

思いきって置いてみる

 

 

f:id:hachiaruki:20200802115417j:plain

 

 

初めてで加減が分からず

4往復くらいしたが・・・

 

 

f:id:hachiaruki:20200802115555j:plain

 

 

のせ過ぎたし

往復し過ぎた

 

 

おう、おう、

滲むね〜

 

 

2往復くらいが適度なのだろう

 

 

f:id:hachiaruki:20200802115606j:plain

 

 

他のインクだと

乾いたあと

アイロンで熱を加える必要があるらしいが

ターナーの布えのぐは

それは不要と説明書きにあった

 

なので・・・

 

乾くのを待つ

 

 

且つ、

乾くのを待つ間に

版を洗う!!

 

インクが乾いてメッシュ生地が目詰まりすると

同じ版が2度と使えなくなる

 

手で版をさするようにしながら

水洗いする

 

版が乾けば再利用できる

 

 

f:id:hachiaruki:20200802115617j:plain

 

 

インクつけ過ぎで

乾くのに時間がかかったが

夜作業して

翌朝にはちゃんと乾いていた

 

 

なみかね遊歩道を歩いた帰りの着替えとして

着てみる

 

Tシャツ自体がちょっと小さかったが

刷った直後程の悲壮感はない

 

目立たないグレーで刷っておいてよかったぜ

 

 

f:id:hachiaruki:20200802115628j:plain

 

 

白のドライコットンタッチTシャツに

黒えのぐで刷ってみる

 

1回目ほどのにじみはないものの

テントの図柄の右にインクを足して刷ったので

右側が滲んでいる

 

 

ま、いっか

 

 

f:id:hachiaruki:20200802115637j:plain



 

材料購入時は

デザイン画の大きさを考慮しつつ

入手しよう

 

スキージー

デザイン画の縦幅と同じ位のものを

用意しよう

 

作業は

汚れてもよい格好と

新聞紙を下に引くなどして

汚れ対策をして臨もう!

 

 

 

次に刷る時は

もう少しマシになっているはずだ 

 

ふー 楽しかった〜

 

他の図案を考えよ!