ハチアルキ

山登りが好きな女の山登りのブログ。九州の山を中心に歩いています。

山登りと山にまつわる日々

城井ノ上城址を歩く

 

 

2020.08.09(sun)

福岡県築上町

 

 

〜城井ノ上城址を歩く〜

 

 

 

もうすぐお盆!

そして

今回3連休!

Hey,Yo!

 

世の中色んな意味でザワついているが

ワタシは

至って通常の休日である!

(ゴリゴリの連休欲しいYo!)

 

意味の分からないテンションで

気になっていた

"城井ノ上城址"へ向かう

 

築上町の牧の原キャンプ場を通過し

ほんの1・2分進めば

入口の駐車場スペースに到着だ

 

駐車スペースはおおよそ5〜7台

その先に寒田水子地蔵があり

こちらも数台停められそうだ

 

ワタシは手前の駐車スペースに

車を置かせていただく

 

身支度しているとアブがやってくる

相変わらず恐ろしい甲冑フェイスだ

 

 

さて。

この城井ノ上城址だが

豊臣秀吉の九州統一に協力した

宇都宮氏の籠城所だった城址

 

鎌倉時代より豊前を治め

豊臣秀吉の九州統一にも協力した家柄

 

しかし、

やがて黒田官兵衛の所領となり

転封を命じられる

 

それを不服とし蜂起したが

次々と鎮圧され

この城址を籠城所として最後まで抵抗

 

最終的に和睦するものの

黒田官兵衛は一族の中の

鎮房(しげふさ)を中津城で謀殺、

朝房(ともふさ)を肥後で殺し

豊前宇都宮市400年の歴史が終わった

 

・・・・・・

 

なるほど、人間の歴史は

戦いの歴史でもあるのだな

 

お城や平和資料館等を訪れると

いつもこの事実に困惑する

 

 

でも、気を取り直すよー

 

 

8:58

駐車場スタート!

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200114j:plain

 

 

車道を数分歩くと

前方に"三丁弓の岩"が現れる

 

ここは

「射手三名で敵一兵も通さず」

と言う所から名付けられたそうな

 

あの3つの穴に屈んで待ち伏せ

辛そうだ

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200122j:plain

 

 

寒田水子地蔵を通りすがり

登り口に到着

左へ入って少しずつ登って行く

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200133j:plain

 

 

ほんの数分で

"表門"

 

この城址・・・

というか天然要塞は

両サイドが岩壁の谷になっており

一筋縄では行かなさそうな雰囲気満点である

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200144j:plain

 

 

釜の跡が点在

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200155j:plain

 

 

小さな社もあるが

屋根が壊れている

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200204j:plain

 

 

釜は本当に立派な物だ

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200214j:plain

 

 

折れた樹々が

また光を求めて

伸びてゆこうとしているのか

不思議な光景である

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200225j:plain

 

 

ちょっとした岩ゴロのゾーンもある

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200236j:plain

 

 

9:34

"裏門"に到着

 

岩が浸食されてできたのか

天然の穴がある

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200247j:plain

 

 

近付くと

左に"番人の穴"

右に"裏門"

奥に岩のアーチ

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200314j:plain

 

 

ここで見張っていたのだろうか・・・

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200323j:plain

 

 

"裏門"は

門と言っても穴は開いていない 

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200334j:plain

 

 

番人の穴と裏門の間の斜面を登る

 

少しだけ鎖をヨジヨジ

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200344j:plain

 

 

アーチの真下に来た!

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200353j:plain

 

 

登ってきた斜面を振り返ってみるが

草がボーボー過ぎてよく見えない

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200637j:plain

 

 

よし!

反対側へ行ってみよう!

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200403j:plain

 

 

岩壁を反対側に巻いて

尾根に出てみる

 

トラロープや鎖があり

ちゃんと歩ける

 

鎖を伝って行けば

番人の門側のピークにも着くらしいが

あの草ボーボーの中かぁ・・・

と思ってしまいスルー

 

秋口にまた来たい

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200417j:plain

 

 

先ほどのアーチの真上にやってきて

パチリ

影ハチ、成功!

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200428j:plain

 

 

綺麗な青空だ

 

耶馬渓側と似た

ゴツゴツの岩の山が見える

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200437j:plain

 

 

さ。

周回して戻ろう

 

落ち葉で滑りやすいので

トラロープを握りつつ下ってゆく

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200446j:plain

 

 

足を止めると

いつもながら毒虫の餌食になる

 

それみたことか、と

顔面2ヶ所を蚊に刺される

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200516j:plain

 

 

光の射す山中

 

美しい

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200524j:plain

 

 

"石抱きもみじ"

 

ワタシには

「もみじが岩に乗ってサーフィンしている」

という風に見える

 

華麗である

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200535j:plain

 

 

沢まで下りてくると

とても涼しい!

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200545j:plain

 

 

見るからに

スッテンコロリンな岩を下る

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200553j:plain

 

 

ほんの15m前後のゾーンだが

滑りやすい

気をつけよう

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200604j:plain

 

 

砂防(1つ目)を通過

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200614j:plain

 

 

2つ目の砂防を通過し

テクテク下ると

コンクリート道に出る

 

コチラを右へ進む

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200627j:plain

 

 

大きなもみじの木(多分)

 

秋が楽しみだな〜

 

 

f:id:hachiaruki:20200811200649j:plain

 

 

登り口に出合い、

水子地蔵も右手に見て下る

 

 

10:36

下山完了!

駐車スペースに戻ってきた

 

 

歴史もある場所だが

沢も美しく

山中も美しかった

 

堪能、堪能、

めでたし、めでたし!

 

 

次はどの山にしましょうかね