ハチアルキ

山登りが好きな女の山登りのブログ。九州の山を中心に歩いています。

山登りと山にまつわる日々

南薩のプチ旅

 

 

2020.12.19(sat)〜20(sun)

 

〜南薩のプチ旅〜

 

 

休日が合致した友と

久しぶりに山行&キャンプを実施

南薩を巡るのだ!

 

 

 

【 DAY 1 】

6:30

かいもん山麓ふれあい公園駐車場 到着

 

しかし。

 

道中、開聞岳に近づくにつれ

小雨が降ったり止んだり

 

駐車場に着いても同様

7時まで様子見るべく仮眠をとる

 

目を開けても車のフロントガラスには

小さな雨粒が増え続ける

他の登山客も到着してきてきたが

考えつつ出発している

 

今回は、

下山後の目的地へ我らを運んでくれる

フェリーの出発時間に間に合わねばならない

 

逡巡した結果、

「観光でもよくはないか?」

 

と言う訳で観光に変更!

 

そうと決まったらもうひと眠り

8時まで寝る

 

 

・・・・・

 

 

8:00

お手洗いを済ませ

ふれあい公園の受付棟に販売されていた

薪を2つ購入!

 

雑木 1束200円、堅木(桜)1束400円

 

道中のホームセンターで仕入ようと思っていたが

それより安く、その場で手に入った

シメシメ

 

 

そして付近にある

"枚聞神社"へ

 

こちらは

海幸彦、山幸彦に謂れのある神社

 

山幸彦が海幸彦に借りた釣り針をなくし

いざこざを起こす

 

釣り針を探しに行ったはずが

竜宮城で豊玉姫と出合い

そのまま暮らし

玉手箱を賜った話が残っているようだ

 

※案内板に記載されていたが

本当はもっと込み入ったお話である

 

 

f:id:hachiaruki:20201221195824j:plain

 

 

まだ時間が早いので

お掃除や開店準備を行っていた

 

9時になると

朝のお勤めなのか

宮司さん達が境内で演奏…というか

祈祷というか…

お正月のテーマ曲のあの雅楽を演奏しつつ

お祓いのようなことを行っている場面に

出くわした

 

なかなかに

ラッキーである

 

 

f:id:hachiaruki:20201221195834j:plain

 

 

神馬の像なのだけど

菊と薩摩藩の紋が組合わさった紋

 

なんだかカッコ良い

 

 

f:id:hachiaruki:20201221195843j:plain

 

 

つづいて

10分程移動し

JR日本最南端の駅

"西大山駅"に到着

 

 

黄色いポストと開聞岳

 

 

f:id:hachiaruki:20201221195912j:plain

 

 

こちらでは12月末から1月にかけて

早咲きの菜の花を見ることができるらしい

 

幸い、もう咲いていた!

 

 

f:id:hachiaruki:20201221195903j:plain

 

 

小さな無人駅なのだけど

次から次へと観光客がやってくる!

 

スゴいな〜

 

 

f:id:hachiaruki:20201221195853j:plain

 

 

さらに移動し

"長崎鼻"へ

 

訪れるのは小学校の頃以来である

 

少々奇妙な駐車場勧誘のお兄さんに誘われ

車を置いて散策開始

 

 

"竜宮神社"

 

絵馬ではなく牡蠣の殻に願を掛けるようだ

至る所に文字書き込み済みの殻がある!!

 

 

f:id:hachiaruki:20201221195920j:plain

 

 

足元には亀ちゃんのモザイク

 

 

f:id:hachiaruki:20201221195929j:plain

 

 

願をかけた牡蠣殻が積まれた

"貝塚"

 

 

f:id:hachiaruki:20201221195938j:plain

 

 

鳥居からも開聞岳

 

綺麗な山容だな〜

 

 

f:id:hachiaruki:20201221195945j:plain

 

 

浦島太郎の像付近に珊瑚の死骸の石

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200109j:plain

 

 

近付くと

小さな小部屋が沢山ある

 

さながら

珊瑚マンション

 

極小のアリエルが出てきそうだ

いや、

出てくるのは

スポンジボブかもしれない

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200101j:plain

 

 

味のある碑

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200118j:plain

 

 

長崎鼻灯台

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200155j:plain

 

 

灯台の先っちょから更に散策道が延びている

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200128j:plain

 

 

テクテク散策

 

灯台を振り返ってみる

 

うむ。

なんだかやっぱりカッコ良い

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200136j:plain

 

 

そして!

ババーーーン!

 

 

東映か?!な

開聞岳

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200146j:plain

 

 

ふ〜

堪能、堪能

 

 

山は歩かずとも腹は減る

 

フェリーの時間も近付いてきたことだし

港近くの道の駅へ〜

 

 

ほんの15分程で到着

"道の駅 山川港活お海道"

 

 

鰹が名物らしいので

「カツオカツ定食」を注文

 

とんかつソースとみそだれと

2種類のソースでいただきます!

 

 

うん、美味である

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200206j:plain

 

 

食していると携帯が鳴る

鹿児島県の市外局番だ

 

まさか・・・

 

そう!

 

悪天候で欠航!

ケッコーーー

 

 

本当は「フェリーなんきゅう」さんを利用し

錦江湾を渡る予定だったが

欠航は仕方ない

 

キャンプ予定地も変更だ!

 

友と検索…検索…検索…

 

すると友がココは?と発見!

 

 

そちら方面へ移動しながら

友が電話で状況を問い合わせすると…

「いいってよ!」

 

国分海浜公園横のキャンプ場へGO!

 

 

 

海沿いを気持ち良く進んで行く

 

 

磯庭園を過ぎた辺りの異人館付近、

おや?

良き建物がスタバに変わっている!

 

喉も乾いたところだ

立ち寄ってみる

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200224j:plain

 

 

中もステキだ

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200216j:plain

 

 

見物だけでなく

ラテも購入し再出発!

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200253j:plain

 

 

予定がズレたことで

少々遅くなったけれど

 

今回もキャンプ場近くの

地産地消型スーパー

「Aコープ」さんで買い出し

 

 

買い出したらキャンプ場にIN

"国分海浜公園 キャンプ場"

 

目の前は砂浜

砂浜と海の向こうには桜島

 

1張 550円

今回は一人ひとつのテントなので

2張分申し込み

 

通年利用可の良い雰囲気のキャンプ場、

最高である

 

 

場所を決めたらササッとテントを設置

焚き火台や陣幕、椅子も準備

 

陣幕は今回の為に自作してみた

ヘリノックスが焦げないよう

綿キルトでカバーも自作!

万全である

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200306j:plain

 

 

準備が終わった所で

夕陽が落ちてゆく

 

キレイだー

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200314j:plain

 

 

友にご飯の支度をお任せし

ワタシは焚き火を準備

 

 

さー

肉焼くどーーーー

 

ご飯はコーンの炊き込みご飯だー

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200322j:plain

 

 

食事を終えたら

焚き火しながら

コーヒー飲んだり

オヤツ食べたり…と

のんびり過ごす

 

 

友が雑誌の付録の

小さな焚き火台を持参

 

試しにチビファイヤーしてみる

 

焚き火台の周りに薪をまき散らしているが

まぁ、気にしない

帰る時にキレイなら良し

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200331j:plain

 

 

24時頃

 

のんびり過ごしたら

薪が燃え尽きるのを待ち

就寝

 

 

 

【 DAY2 】

7時過ぎ

 

おはようございまーす

桜島は今日もぽっぽしております!

 

朝の散策開始

 

冷えてはいるが

空気が気持ち良い

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200339j:plain

 

 

堤防からキャンプ場を眺める

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200350j:plain

 

 

やがて太陽が顔を出す

 

一気に温かくなる

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200400j:plain

 

 

先に起きて散策を始めていた友と

堤防で合流

しばし

トーク

 

 

テン場に戻ったら

暖を製造

 

小さな焚き火台と小さな鉈には

堅木の堅牢さは手強い

 

全然割れないので

もろとも入れている(笑)

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200409j:plain

 

 

暖をとりながら

友にコーヒーを淹れてもらい

白米を炊く

 

炊けたら野菜と雑炊の素を入れ

きのこ雑炊を製造

 

 

熱々の雑炊は美味である

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200419j:plain

 

 

朝食後、

懐中しるこも食してみる

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200448j:plain

 

 

和の甘さが朝の胃袋にしみる

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200456j:plain

 

 

11時過ぎ

ゆるゆるとテントを撤収し

桜島へ向かう

 

 

桜島を反時計回りにドライブ

 

 

桜島はゴリゴリの活火山

 

それぞれの時代で噴火を続けており

少しずつ大地の色が異なる

 

 

埋没鳥居をお参り

建屋には100年前当時の写真が飾られている

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200504j:plain

 

 

つづいて

お風呂に入りに

"桜島マグマ温泉"へ

 

お風呂代390円

(シャンプー類有り)

 

こちらでもドッカーンと桜島が見える

 

 

泉質は鉄分と塩分多い系の茶色いお湯

昨夜はお風呂に入っていないので

とてもスッキリした!

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200515j:plain

 

 

入浴後、昼食を取るべく

マグマ温泉さん付近の道の駅に行くも

14時でオーダーストップ

 

・・・・・・

 

マジで?

早っ!!

 

 

再び移動し

"旅の駅桜島"さんへ

 

入口に巨大な桜島大根オブジェが。

 

 

しかーし

 

こちらもレストランに準備中の札が。

 

・・・・・・

 

早っ!

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200524j:plain

 

 

仕方ないので

溶岩に囲まれた道を歩ける

"有村遊歩道"へ

 

 

その向かいの茶屋で

薩摩いもとアイスの最中をGET

 

ご親切にお店のお兄さんが

名物小みかんを差し入れてくださった

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200533j:plain

 

 

遊歩道は風向きによって

降灰する

 

そう。

絶賛降灰の中、散策!

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200543j:plain

 

 

この遊歩道からも

開聞岳を臨むことができる

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200552j:plain

 

 

駐車場に戻ったら

灰をパンパンふるって

再び出発!

 

"道の駅垂水"にも寄ってみたが

こちらも14時台でオーダーストップ

 

 

オヤツだけ仕入れて

高速のSAで食事することに。

 

もちろん

少々お高めのレストランや

他の食事処は数カ所ある

食べたい種類がないのでやむなく

スルー

 

 

結果、

三元豚のカツカレー

 

これはこれで

美味である

 

 

f:id:hachiaruki:20201221200601j:plain

 

 

全てにおいて

予定とは違うルートになったが

なんだかんだで楽しんだ!

 

予定外も楽しむ気合いは

いつでも持ち合わせている

ドンと来い!

 

 

あ、

カツと肉しか食べてないわ

 

・・・・・・

 

 

 

さて。

登り納めを考えねばなりませんな

 

 

次はどの山にしましょうかね