ハチアルキ

山登りが好きな女の山登りのブログ。九州の山を中心に歩いています。

山登りと山にまつわる日々

2017年 鶴見岳で登り納め

 

2017.12.30(sat)

大分県別府市

 

鶴見岳で登り納め〜

 

 

バタバタとしていたら

あっという間に年末

 

そんなだから

登り納めをどこにするか決めていなかった

 

昨年は由布岳だったから…と

お隣の鶴見岳に決定

 

 

鶴見岳は温泉好きには堪らない街

「別府」にある

 

活火山である

 

 

 

スタートは

火男火売神社(御嶽権現)の駐車場

 

駐車場は20台以上停められる

ポットンだがお手洗いもある

(水は出ない・紙もない)

お手洗いはあるだけでもラッキー

登山口は駐車場のお向かい

 

 

9:30

スタート!

 

 

 

 

 

 

作業道のような道を5分程ゆくと

神社に到着

 

神社の左手に登山道が伸びている

登山届けもあるので提出する

 

 

 

 

 

 

 

"一気登山"の道標

 

 

 

 

 

 

青いベンチが不思議な感じ

デスラーさながら。

 

 

 

 

 

 

モジャモジャの木と真っ直ぐの木

アシュラ男爵さながら。

 

 

 

 

 

 

南平台と鶴見岳の分岐

 

まずは鶴見岳

南平台へは下山で寄ろう

 

 

 

 

 

 

 

10:58

木々を楽しみながら斜面をゆくと

山頂とロープウェイ山上駅との分岐に到着

 

駅に寄ってみる

 

 

 

 

 

 

ガスがぁ〜〜〜

 

 

 

 

 

 

なんだかカッチョいい

"孤高の双眼鏡"だな

 

 

 

 

 

 

ジャンボ温度計

 

−2℃を指している

風があまりないのでマイナスっぽく感じない

 

 

 

 

 

 

駅の中で鶴見岳の登山バッチを購入

いざ山頂へ

 

 

 

 

 

 

11:23

鶴見岳 山頂

標高 1375m

 

 

笑えるくらいガッスガス

でも、木々には霧氷

 

 

 

 

 

 

 

由布岳も両耳が隠れている

 

 

 

 

 

 

ランチパックを食べ

山専に入れたお茶でちょっと待つ

 

すると

青空が見えてきた

ラッキー!

 

 

 

 

 

 

別府湾はまだガスやら霞の中だけど

青が見れて嬉しい

 

 

 

 

 

 

少しだけど"白い世界"も堪能

 

 

 

 

 

 

散策しつつ

登山道の注意書きにも目を通しておく

 

さーてと。

青空の内に

縦走路の景色も見に行きましょうかね

 

 

 

 

 

 

11:55

下山開始

 

内山方面へ伸びる縦走路を下山路にする

馬の背から南平台へ下る

 

 

 

 

 

 

所々バーンになっているので

すっ転ばないように気をつける

 

 

 

 

 

内山方面を見やるが…

崩壊している

 

 

 

 

 

 

歩けるのはこの"馬の背"まで

立ち入り禁止だ

いよいよ下りですな

 

 

 

 

 

 

日々落ちてきているであろう石達

こういうのを目の当たりにすると

「気をつけなくては」と実感する

 

油断は禁物だ

 

 

 

 

 

 

今回はポール導入2回目

登りで使うことはなく

またもや下山で使っている…

 

スクリュータイプだが引っ込まない

やるもんですな

 

 

 

 

 

 

12:38

南平台への分岐

 

このまま真っ直ぐ下れば神社に下山可能

ワタシは分岐を右へ

 

 

 

 

 

 

 

12:54

南平台

 

鶴見岳側を見やる

内山側の斜面からはガラガラと崩壊の音が…

やはり

油断は禁物である

 

 

 

 

 

 

13:12

踊石

 

鶴見岳の神石と言われており

国で異変が起こったり

大雨の前兆としてこの石が踊ることがある

…と言うことらしい

 

この石が動くってすごい

地震とかだと動くんだろうなー

 

 

 

 

 

 

13:41

青いベンチの場所まで戻ってきた

 

 

 

 

 

 

13:53

下山完了

 

さー

お風呂に移動だー

 

今回は塚原温泉へ

お風呂代 500円

 

 

蒸し卵が売り切れていたぁ

残念!

 

 

 

 

 

 

一瞬どなたもいなくなったので

パチリ

 

慢性の皮膚病に良いことで有名なお湯

泉質から石鹸類を使用することはできない

 

きっちり掛かり湯をして

湯でゴシゴシしてから入る

 

ポカポカが尋常ではない

さすが、火口直下のお風呂である

 

 

 

 

 

 

あったまったら帰路につく

途中"須崎の滝"で滝鑑賞

 

 

 

 

 

 

 

滝、小っさくしか見えないが

なかなか良い滝鑑賞である

 

もう1軒だけ寄り道

安心院の"王さまのぶどう"でぶどうソフト

 

美味である

 

美味っ!

 

 

 

 

 

 

今年も健康で

マイペースに山歩きを楽しんだ

 

来年も山三昧な1年になるといーな

 

来年も怪我なく歩けたらいーな

 

 

 

 

 

 

来年はどの山にしましょうかね